限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

コイキングの育成ゲーム「はねろ!コイキング」がユル面白い!

f:id:nandemoya_future:20170527051042p:plain

どうも。

 

先日、ポケモンの新しいスマホアプリとして、コイキングが主役のゲームがリリースされたのでやってみました。その名も・・・、

「はねろ!コイキング」です(笑)

www.apppokemon.com

ポケモン界屈指の弱さを誇る「コイキング」が主役のゲーム、ポケモン第一世代の僕からすると、ゲームタイトルからメチャクチャ気になってしまいます(;^_^A

 

しかもこれが、今までのポケモンには無かったユルい感じで、なかなかに面白いんですよ(笑)ポケモン特有の「ピリピリした戦闘」や「膨大な時間を費やす探検」はかなり少なく、のんびりとポケモンたちを眺めながら、育成を楽しむことができます(笑)

 

と言うことで本記事では、今までに無かったポケモン育成ゲーム「はねろ!コイキング」の紹介と、ゲームをプレイしてみての感想について書いてみたいと思います。

「はねろ!コイキング」ってどんなゲーム?

育成できるのはコイキングのみ!「はねる力」を競い合う!

f:id:nandemoya_future:20170527051107p:plain

「はねろ!コイキング」は字のごとく、コイキングが主役のコイキングのためのゲームだと言えます。

なぜならこのゲーム、育成可能なポケモンは「コイキング」のみで、ゲームの目的はコイキングの跳ねる高さを競うリーグに出て優勝することという、コイキング超優遇なルールとシナリオによって成り立っています(笑)

 

もはや、

・誰が何のためにコイキングのはねる高さを競わせているのか

この競技の何が面白いのか

という世界観への疑問すら吹っ飛ばす「コイキングへの愛」を感じることができますよね(;^_^A

 

簡単操作でのんびり遊べる「放置&タップ」

f:id:nandemoya_future:20170527051211p:plain

肝心のゲームシステムは、所謂「放置&タップ」です。

基本的に以下の行動を行うことでコイキングを成長させることができます。

・時間経過で現れるエサをタップして食べさせる

・時間による回数制限がある「とっくん」を行う

・ランダム発生のイベントで特定の選択肢を選ぶ

・お助けポケモンを利用する、などなど・・・

いずれも「放置(待機)⇒タップ⇒放置(待機)⇒タップ・・・」のみの操作となるので、システムを覚えたり、複雑な操作を行う必要は全くありません。

 

「放置して たまに覗いて タップする」

まさに、この5・7・5で完結するゲームとなっています。

 

誰かと戦う(殴り合う)わけでもなく、大きな使命を背負うわけでもない。ただただコイキングに餌を食べさせて、一緒に戯れて、放置して、最後にはねる、というユルい時間の使い方ができるゲームなわけです。まぁ、やることが限られるので、暇に感じる方も当然いらっしゃると思いますけどね(;^_^A

 

これは、ガチャ要素・・・なのか?

「ガチャ要素」と言えるかは分かりませんが、育てるコイキングを決定する際に抽選となる「釣り」を行います。

f:id:nandemoya_future:20170527051239p:plain

利用する釣り竿を、3つの中から選んで抽選は行われるのですが、どの釣り竿を選んでも「ボロの釣り竿」です。まぁ、コイキングを釣るわけですから当然ですね(笑)

 

レアなコイキングになると、現実の「鯉」と同じく身体の模様が異なっていたり、本家のポケモンのゲーム同様に色違いが釣れたりするようですね。この辺りの、コイキングの模様集めも本ゲームの醍醐味と言えるでしょうか。図鑑がコイキングだらけで、若干狂気じみています(;^_^A

 

ちなみに、「はねる才能」にも個体差があるようですが、プレイ時間に比例して成長上限が伸びる仕組みになっているので、今のところ気にする必要は無いと思います。なので、長い時間プレイしていれば、いつかは跳躍力のあるコイキングに出会い、普通にクリアできるはずです。

 

厳選(リセマラ)作業が不要なのは、嬉しい限りですね・・・(白目)

 

【スポンサードリンク】
 

「はねろ!コイキング」をプレイしてみての感想

ポケモンでは珍しい、のんびりしたゲームシステム

f:id:nandemoya_future:20170527051347p:plain

今作「はねろ!コイキング」では、難しい操作やシステムは一切ありません。バトルなどのマルチ要素も存在しないので、ピリピリすることなく自分のペースでゲームを楽しむことができます。

 

何より、基本は放置しておいて、暇な時間に覗いてタップするだけで良い、と言うシステムが非常に遊びやすいです。僕のような時間に縛られたサラリーマンでも、隙間時間の気分転換にサクッとプレイできます。ハードがスマホだと、休憩時間にいじっていても文句言われにくいですしね(;^_^A<流石に3DSやSwitchは職場で出せない・・・

 

たくさんのポケモンを眺めて癒される!

f:id:nandemoya_future:20170527051422p:plain

そもそもポケモンって、生き物と人間の共生を題材にしているゲームじゃないですか。

だからこそ僕は、バトルや図鑑収集要素だけじゃなく、「ポケモンとの日常的な触れあい」をテーマにしたゲームがあっても良いんじゃないかと、常々考えていました。

 

その点で言うと、今作はコイキングやその他のポケモンたちの日常を眺めることができるので、僕の抱いていたニーズに合っていました。ポケモンシリーズ初代~最新作までの様々なポケモンが登場し、彼らの色んな仕草を見て度々癒されてしまいますね。

 

今後は、違うポケモンにもスポットを当てた育成ゲームをリリースしてくれないかなぁ、と思っています。詰まるところ、「モクロー可愛いよモクロー」ってことです。

 

ポケモンシリーズのお馴染みの小ネタが沢山!

ゲーム内の様々な箇所で、ポケモンシリーズでお馴染みの小ネタが仕込まれています。

例えば、ランダムイベントで「きんのたま」おじさんが登場したり、

f:id:nandemoya_future:20170527051452p:plain

コイキングがギャラドスに進化しないのを不思議に思ったら、主人公が秘かに「かわらずのいし」を所持していたり、いけすの奥の方でヨワシの群れが泳いでたり、ラブカスとサニーゴの群れに色違いが紛れてたり、コイキングと同じ境遇のポケモン「ヒンバス」が応援に来たりするなど、知る人ぞ知る小ネタが至る所にあります。

 

ここに書いた以外にも、隠し要素や隠れてない小ネタがたくさんあるので、ぜひ皆さんもプレイしながら探してみてください!(笑)

 

あれ?コイキングって可愛いんじゃない?

不思議なんですけどねぇ、このゲームをやっていると、何だかコイキングが愛らしく見えるようになってしまいまして・・・(笑)今では、とある動画サイトで「コイキング一匹で全クリ」した方の気持ちが分かるかもしれません(;^_^A<6年間懸けて、遂に先日完結したそうです。タイムリーですね!

 

とは言うものの、平気でコイキングをピジョンに拉致されたり、ビリリダマの擬態だいばくはつの餌食にされたりと、犠牲が後を絶ちませんけどね。 

f:id:nandemoya_future:20170527051634p:plain f:id:nandemoya_future:20170527051641p:plain

これはまさに食物連鎖、そして自然の摂理ですから、仕方ありませんね(キリッ)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上が注目のコイキング育成ゲーム「はねろ!コイキング」の紹介と、プレイしてみての感想でした。

 

システムや操作がシンプルゆえに、どんな方でも楽しめる育成ゲームだと思います。正直、僕もここまで癒されながら、楽しめるゲームだとは思っていませんでしたからね。今後も気付いたときにアプリを覗きながら、コイキングの飼育を続けたいと思います。もはや、手間のかからないアクアリウム感覚ですね(;^_^A

 

ぜひ皆さんも、コイキングを育てて、眺めながら、癒されてみてくださいね。

あ、間違っても、かわらずのいしを壊さないように!(笑)

f:id:nandemoya_future:20170527051732p:plain

 

では、また。