限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

GoogleAdSenseの審査に合格したので実践したことをまとめます

f:id:nandemoya_future:20161109033340j:plain

どうも。

 

先日、本ブログ「限界エンジニアの冒険録」がGoogleAdSenseの審査に合格し、無事に収益化することができました。

 

これも、日頃から閲覧頂いている皆様のおかげです。本当にありがとうございます。今後とも、新鮮で有益で面白い情報を本ブログを通じて発信していければと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

つきましては、新しい経験をしたら気付きを発信する!という考えのもと、僕がGoogleAdSenseに合格するために実践したことを、本記事で綴りたいと思います。あくまでも「僕が実践したこと」なので完璧なナレッジではありませんが、多くの皆さんのブログ運営の参考にしていただければと思います。

 

 

初めての審査に落ちて自分のブログを見返してみた

僕は1度目の審査に落ちています。審査に落ちた直後は、今までの努力が否定されている気がしてなかなかに堪えました(´・ω・`)しかし、いつまでも凹んでいるわけにはいきません。少しでも「良いブログ」が書けるように、情報収集とコンテンツの充実を図るしかないわけですからね(;^_^A

とりあえず全ての記事を見返して、現行のコンテンツの問題点を探しました。また、以下の情報を参考にして、コンテンツの拡充と修正を行うことにしました。

 

他のブログを参考にする

審査に合格しているブログと不合格になっているブログを見て、その傾向を研究しました。また、自分のブログと見比べて、合格するために不足している点が何かを分析しました。

ここで気を付けるべきは、なるべく直近で審査に合格したブログを参考にすることです。最近だと2016年8月からGoogleAdSenseの審査基準が変更になった(厳しくされた)と言われていますので、それ以降に合格しているものが望ましいと思います。後述するAdSenseのヘルプフォーラムでも注意喚起されていますが、古い審査基準で合格したブログでは、そもそもの審査基準が違うわけですから参考になりません。

 

GoogleAdSense公式のヘルプとフォーラムを熟読する

当たり前のことではありますが、GoogleAdSense公式のヘルプとフォーラムを読み込みました。

 

公式ヘルプには、GoogleAdSenseを利用する上での規約や遵守事項である「ポリシー」が明記されています。特に、審査を通過するためには以下の「AdSenseプログラムポリシー」と「禁止コンテンツ」を把握しておくことが重要だと思いました。

support.google.com

support.google.com

 

一方、AdSenseヘルプフォーラムにも、様々な有益な情報が存在します。しかし、このフォーラムはあくまでもGoogleAdSenseの利用者同士が情報共有する場ですので、完璧な正解が書かれているわけではありません。

では、何が「有益な情報」なのかと言うと、ここには「審査に合格しないブログ」が集まることです。また、審査に受からない理由としての「問題点」と、それに対する有識者からの「指摘」、そしてブログが「改善されて合格する過程」を見ることができます。まさに上述した「他のブログを参考にすること」を容易に実現できるわけです。

productforums.google.com

 

僕は、一度審査に落ちた後、上記のものを参考にして、自分のブログを修正・改善していきました。以降は、これらの参考情報を基に、僕が実践したことを具体的に説明していきます。

 

初めての審査の段階で既に実践していたこと

まずは、初めての審査で不合格通知が来たタイミングのブログの状態をお伝えします。

・全記事の文字数が1000文字以上
・記事数は22記事
・GoogleAnalyticsを導入する
・プライバシーポリシーの作成する
・グローバルナビゲーションメニューの設置する

最低限のコンテンツは設置していたと思っていましたが、見事不合格でした。今考えると、まだまだ多くの問題点や不足点が存在していると分かります(;^_^A

 

審査に落ちた僕が実践したこと

次に、1度目の審査の不合格通知が届いてから、僕がブログに施したことを挙げてみます。

・GoogleSearchConsoleを導入し、サイトマップを送信する
・問い合わせフォームを作る
・記事が4つ以下のカテゴリはまとめる
・アイキャッチ画像を全ての記事に挿入する
・Twitterを始める

・プライバシーポリシーをより詳細にする
・一部の画像を加工する(転用防止・プライバシー保護)
・サイドバーのコンテンツ配置を変える
・一部の外部サイトへのリンクを外す

★文章の段落や改行を見直す
★ファミリーセーフティを遵守した内容に修正する
★アフィリエイトは厳選した商品しか載せない
★このブログや管理人のことを説明する

 

他のブログで散々説明されている内容も多いですよね。そのため本記事では、僕が多くのブログを見た中で、実施具合にムラが見受けられた「」の項目について抜粋して説明しようと思います。

 

【スポンサードリンク】
 

 

文章の段落と改行を見直す

これは僕がフォーラムを読む限り、指摘されていることが特に多いと感じた内容です。

例えば、以下のような文章があったとします。

例文

このカフェでは厳選されたスペシャリティコーヒーのみを提供しています。

そのため、コーヒーは香り豊かで非常にコクがあります。

 

中でも、私が飲んだグアテマラのコーヒーは酸味も少なく、

コーヒーが苦手な方でも飲みやすいはずです。

この文章では、4行に渡って「カフェで提供されるコーヒー」を説明しています。実は、このような文章はAdSense的には問題のようで、同じ内容にも関わらず改行や空行が多いことが不自然で読みにくい文章だと判断され、審査に落ちる要因になるそうなのです。

そのため、僕は一度審査に落ちた際に、記事内に不自然な段落分けや改行が無いか一通りチェックし、「改行を詰めて、内容に繋がりのある文章同士をまとめる」などの修正を行いました。上述の例文で同様の修正を行うと、以下のような文章に変わります。

例文修正後

このカフェでは厳選されたスペシャリティコーヒーのみを提供しており、香り豊かで非常にコクがあります。中でも、私が飲んだグアテマラのコーヒーは酸味も少なく、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいはずです。

 

かく言う僕も、文章についてはまだまだ未熟で当然完璧ではありません。それでも審査に合格できたことから、極端な改行・空行の多用を避けた自然な段落分けができていれば問題はないと思います。

確かに、有名ブロガーさんの記事やネットニュース、小説なんかでも、改行や空行って多くありません。適切な情報量と内容で文章を区切り、読みやすい記事を書くことが求められるようです。

 

ファミリーセーフティを遵守した内容に修正する

つまり「子供が見ても安心な記事にする」ということですね。厳密には、上述したAdSenseヘルプの禁止コンテンツに指定されていることを守っていれば問題ないと思います。

また、1次審査で落ちている場合は、機械的なキーワード検索によって弾かれている可能性もあるようです。そのため僕は、少しでも弾かれる可能性がある「疑いの単語」を見付けたら、使用しない言い回しに修正しました。

 

アフィリエイトは厳選した商品しか載せない

アフィリエイトがあると審査に絶対に通らないと言うことはありません。実際に、僕も他のブロガーさんも審査に合格できています。ただし、常識的なアフィリエイトをしましょう、ということです。

実際に、AdSenseのポリシーとしても「適切な広告配置」として、記事の情報量と広告量のバランスを非常に気にしているようです。これはAdSense広告だけでなく、他のアフィリエイト広告でも同じことが言えるのではないかと僕は判断しました。

support.google.com

これらのことから、僕のブログにある商品紹介をメインにした記事では、記事内容との関連性が低かったり、提供できる情報の少ない(内容が薄い)商品のアフィリエイト広告を削除しました。そのため、「実際に使ったことがある」「購入を前提として吟味した」上で本当にオススメできる商品「記事に関連する」「話題になっている」「ネタ的な」商品しか記事内で紹介しないようにしています。

 

このブログや自分のことを説明する

これもフォーラムでの指摘が多い内容だと思います。実際に、僕もフォーラムでの指摘を見なければ気付かない観点でした。

要は「どこの誰だか知らない人が書いた記事では信憑性に欠けるから、まずは自己紹介をしなさい」ということですね。ブログを運営していると、ついついブログの目的に則した情報だけを発信しがちですが、自分のことを知ってもらうことも重要なわけです。

そのため僕は、はてなブログやTwitterのプロフィール欄、サイトの説明欄、日記とは異なる自己紹介用の記事をなるべく詳しく書くことにしました。また、プライバシーポリシーもテンプレート通りでは無く、自分のブログに則した内容にアレンジしました。

 

審査合格時のブログの状態

そんなこんなで、最終的に審査に合格したときの、このブログの状態が以下になります。こう見ると、独自ドメインにしたことでPV数が大幅に減ってしまったことも一度目の審査に落ちた原因かもしれません。ちなみに、審査中の更新頻度は2~3日に1記事程度でした。

記事数:36記事
1日当たりのPV数:約150PV(※はてなカウンターによる計測)
ブログを始めてから2ヶ月半
URLを独自ドメインにしてから25日
2度目の審査申請をしてから14日

審査に2週間かかったので、正直受かるとは思っていませんでした。それでもコツコツとブログを修正し、記事を書き続けたのが功を奏したのだと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

以上がGoogleAdSenseに合格するために僕が実践したことのまとめでした。

 

審査が厳しくなったと言われているGoogleAdSenseですが、コツコツとブログを良いものに修正していけば必ず光は見えるはずです。常に情報収集を怠らず、前向きにコンテンツの修正と拡充を続けていくことが非常に重要だと思います。このブログが少しでも皆さんのお役に立ち、審査に合格できることを心から願っています。

 

では、また。