限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

話題のスマホRPG「アナザーエデン」をクリアした感想

f:id:nandemoya_future:20170624184155p:plain

どうも。

 

話題のスマホRPG「アナザーエデン」の第1部をクリアしました。

(補足:現状リリースされているゲーム本編が第1部、今後アップデートにより解放される後日談(続編)が第2部です。)


リリース当初から大きく取り上げられているだけあって、ストーリーからゲームシステムまでなかなかにクオリティが高く、歯ごたえのある内容でした。昔懐かしのJRPGの雰囲気を感じつつ、スマホアプリとしてのエッセンスも盛り込まれた、面白い作品だと思いましたね。

 

「基本無料」のクオリティも、とうとうここまで来たか・・・と言う具合です笑

 

本記事では、そんなスマホRPG「アナザーエデン」の第1部を僕がクリアしてみての感想を書いてみたいと思います。

ストーリーの感想

全体的なストーリーは秀逸!

f:id:nandemoya_future:20170624184356p:plain

物語序盤だけだと「選ばれし少年が何の因果か世界を救う旅に出る」というRPGの王道ストーリーに見えるのですが、終盤になるにつれて、雲行きが怪しくなります(笑)「ん?どういうこと?」と思わせながらのラストダンジョン~ラスボスにかけての壮大な伏線回収とネタバレは、非常に気持ち良くプレイヤーの予想を裏切ってくれました。

 

「最後の最後にタイトルの意味が分かる」というストーリーは近年のトレンドなのでしょうか。この辺りの疑問・伏線を回収して、第2部へと繋がる展開は素晴らしいと思いました。

 

もう少しキャラ毎の掘り下げが欲しかった

JRPGと言いつつも、結局はスマホゲームでありガチャゲーです。そのため、作中にはガチャ産のキャラクターがたくさん登場します(笑)欲を言えば、彼ら1人1人の掘り下げたストーリーをもう少し深く用意してほしかったなぁと思いました。

一応、キャラ毎のサブクエストはあるのですが、そのほとんどが「キャラクターの今」を描いたものであり、詳細な設定や性格については理解することができません

 

なので、完全に「スキルの強さ」と「敵(味方)との相性」でパーティを選出し、ラスボスに挑んでしまう、JRPGらしからぬキャラへの愛着の無さで物語をフィニッシュする運びとなってしまいました(笑)

たまーに、クロノトリガー的な時空を超えたキャラクエストがあったりしたんですが、全てのキャラに小話を用意するのは難しいですよね(;^_^A

ぜひとも、期間限定イベントや第2部で、個別に掘り下げてほしいので、期待して待とうと思います!

 

ゲームシステムについての感想

サクサク続けられる戦闘システム

f:id:nandemoya_future:20170624184321p:plain

戦闘システムや戦闘時の操作性については、簡単操作でテンポも良く、ストレスを感じることはそこまでありませんでした。戦闘スピードを倍速にできたり、タッチ操作のみで適宜操作を中断もできるので、ちょっとした空き時間にもプレイできます。通勤退勤時にちまちま続けるレベルでも、問題なくクリアできました(体験談)

 

ただ、欲を言うと、エンカウント率の高さ「逃げる」コマンドの成功率の低さだけは、もう少しバランス調整してほしかったなぁと思います(;^_^A

逃げるより戦う方が早いことも普通にありましたからね。ゆえに僕は、ほとんど戦闘で「逃げるコマンド」を使ったことがありません。

どんなザコ敵でもボッコボコにしていました。

「不要な殺生はしない」という選択肢は、本ゲームには無さそうですね。

 

★4キャラでも全クリできます

f:id:nandemoya_future:20170624185043p:plain

上述したように本ゲームの仲間集めは、ガチャによるものが大部分となります。もちろん、キャラ毎にレアリティなるものが設定されており、最高レア度は「★5」となっています。

 

この★5がですね・・・まぁー出ないこと!(笑)

無課金でシナリオで集めた「石」で80連ほどしましたが、僕は1体しか排出されず、パーティはほとんどが「★4」キャラによって構成されていました。まぁ、こんなもんですかね(;^_^A

それでも「比較的よく出る★4キャラのレベルをしっかり上げて、武器・防具を買い揃えること」で何とか全クリできるので、ガチャに依存しないように配慮された難易度設定だと言えるのではないでしょうか。

 

ただ、★4以上の回復キャラが2人いないと結構な無理ゲーになります(笑)

そういう意味では、★4以上の回復キャラは★5攻撃特化キャラよりも貴重な存在なので、引き当てた方は大切に育ててください。

 

【スポンサードリンク】
 

その他の所感

後半になればなるほど「素材集め周回ゲー」になります

上述したようにキャラ固有の特徴がそこまで無く、「レベルを上げて物理で殴る」が最終的な基本戦略となるので、「レベル上げ」「武器・防具を作るための素材集め」を行うための「ダンジョン周回」が超重要になります。

 

ドロップする素材目当てに特定の敵を200体くらい倒しましたからね(笑)

 

レベル上げ専用のダンジョンも何周もしているので、どこに出口や宝箱があるか覚えるのは当然として、指先が勝手に動いて気付くとクリアしている、までに成長しました(笑)

 

欠点としては、若干ストーリー進行のテンポが悪くなってしまうんですよね。今、何を目的にこのダンジョンに潜り込んでいるのか忘れそうになることが多々ありました。(クエストナビがあるので、目的地やストーリーが完全に分からなくなることは無いので安心してください。)

 

ちなみに期間限定イベントも、詰まるところ「期間限定イベント用ダンジョンの周回ゲー」です。その分の報酬が用意されているので、ぜひ無意識下で周回できるような精神状態にまで自分を持っていってください。

 

 

【微ネタバレ注意】ラスボス恐すぎワロタw

王道ストーリーかつファンタジー色の強い本作品ですが、近年まれに見る

ラスボスのビジュアルの恐さ

だと思いました(笑)

f:id:nandemoya_future:20170624184504p:plain

いや、これ初めて見たとき「うわっ・・・」って普通に思いましたよ(;^_^A<デ、デカイ…

攻撃モーションなんかも気持ち悪さ満載なので、子供だったら泣いてしまう子もいるんじゃないですかね。

 

しかもこれが、元は無邪気な少年で事故によって・・・っと、ネタバレになってしまうために言えませんが、ストーリー上の設定としても結構エグいです。

切ないだけでなく、何よりも心にきます。そんなラスボスでした。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、スマホRPG「アナザーエデン」の第1部をクリアした感想でした!

 

ストーリーやゲームシステムなど、全体的にかなりクオリティが高く、昔懐かしいJRPGの良さを感じられる素晴らしい作品だと思いました。

ダンジョン周回の要素は若干過酷なものがありますがね(汗)まぁ、気長にちょっとずつ進めていても、しっかりとクリアできる(ストーリーを最後まで楽しめる)ようなバランスで作られています(;^_^A

ぜひ皆さんもアナザーエデンをやってみて、スマホ×JRPGの可能性を感じてみてくださいね。

 

では、また。