限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

セレブレーションホテルを宿泊レポート!知っておくべき7つの注意点!

f:id:nandemoya_future:20161212181744j:plain

どうも。

 

先日、新しくできたリーズナブルクラスのディズニーホテル

「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」に泊まってきました。

 

このホテル、リーズナブルと言うくらいなので、確かに他のディズニーホテルより安いです。しかしその分、他のディズニーホテルやオフィシャルホテルとは大きく異なる「不便さ」があると、実際に利用してみて感じました。

 

本日は、そんなセレブレーションホテルを予約・利用する上で、知っておいた方が良い情報を7つお伝えしたいと思います。

安いからと言って、下調べや準備をせずに利用すると、このホテルのメリットを全く活かせず、ただただがっかりする結果に繋がります。ぜひ本記事の内容を確認して、セレブレーションホテルを使いこなせるように、入念な事前準備と計画を行ってください。

宿泊環境について

①部屋が狭い

まず僕が部屋に着いて最初に感じたことは部屋の狭さです。「こじんまり」とでも言えるでしょうか(;^_^A

と言うのも、このホテルは1部屋4人まで寝泊まりでき、各部屋には2台のベッドと2台のソファーベッドが設置されています。1部屋にこれだけの寝具があるわけですから、結構な圧迫感があります。

 

■僕が泊まった部屋(入り口と奥からの写真)

f:id:nandemoya_future:20161212182618j:plain f:id:nandemoya_future:20161212182711j:plain

また、ベッドとベッドの間、ベッドとテレビの間の通路が狭いので、4人で泊まるとなるとかなり窮屈に感じると思います。荷物置きも大きくは無いですし、クローゼットも簡易的なものしかありません。そのため、手荷物、着替え、脱いだ靴、パーク内のお土産なんかで、部屋の中は結構ごちゃごちゃするはずです。

気を使わない間柄の人とだけ利用することをオススメします。

 

②持ち帰り可能なアメニティグッズが少ない

ディズニーホテルの醍醐味の1つが、持ち帰りのできるオリジナルのアメニティグッズと言えるでしょう。ホテル側も記念に持って帰ってもらえるように、キャラクターやパークの絵が描いてあるなど、デザインにも趣向を凝らしています。

しかし、セレブレーションホテルの持ち帰り可能アメニティグッズは非常に少ないです。下の写真にあるように「歯ブラシ」「くし」「アメニティーキット(綿棒・ガーゼ・ヘアゴム)」、(床に)「スリッパ」が標準で置かれています。フロントに言えば「髭剃り」も貰えるようです。また、デザインもシンプルで、セレブレーションホテルのロゴが入っている程度ですね。

記念品としては、若干パンチが弱いわけです(;^_^A

■洗面所にあるアメニティーグッズ

f:id:nandemoya_future:20161212182924j:plain

 

ちなみに、他のディズニーホテルでは上記に加えて、

「アメニティーキット(綿棒・ガーゼ・ヘアゴム・シャワーキャップ)入りの缶ケース」
「ボディスポンジ」
「シャンプー入りミニボトル」
「コンディショナー入りミニボトル」
「バスジェル入りミニボトル」
「石鹸」
「子供用マグカップ」
「持ち帰り用のオリジナルペーパーバッグ」
「自分の名前と宿泊日が書かれたカードキー」

を持って帰ることができます。

全てホテルのロゴやキャラクター達が描かれた可愛いグッズです。セレブレーションホテルとの大きな格差を理解できると思います(;^_^A

 

③食事には期待しないこと

ディズニーホテルには、朝昼晩と食事のできるレストランやカフェがいくつか存在しています。どれも、異なるコンセプトを持った素敵なお食事処です。

しかし、セレブレーションホテルにあるレストランに限っては、朝食しか提供していません。その朝食もビジネスホテル並の簡易的な内容で「リゾートホテルの優雅で贅沢な朝食」とは程遠いです。まぁ、その代わりに大人1人1300円の安さではありますがね(;^_^A事前予約などは必要なく、当日に食堂前で食券を買うことで利用できます。

■券売機と食堂

f:id:nandemoya_future:20161212183331j:plain f:id:nandemoya_future:20161212183402j:plain

 

ただし、この朝食には最大の問題点があります。開店が朝6時半からなので、

「ハッピー15エントリー」に確実に間に合わないことです。

セレブレーションホテルは、他のディズニーホテルと違い、パークまでシャトルバスで20分程度かかります。詳しくは後述しますが、 朝はバス&道路状況が混雑するので、これ以上の時間がかかると見込んでおいた方が良いです。ディズニーホテルとしての利点を活かすのであれば、朝ごはんを食べている暇はないわけです。

 

ちなみに、僕はホテル内にある「24時間営業のコンビニ(ローソン)」で、前の晩に朝ごはんを調達しました。逆に言うと、一度ホテルに入っちゃうと、食料調達手段がコンビニしかありません。言わずもがな、それ故に繁忙期はコンビニの食料もどんどん売り切れますので、早めの調達をしてくださいね。

■ホテル内のコンビニ

f:id:nandemoya_future:20161212183531j:plain f:id:nandemoya_future:20161212183537j:plain

 

■冬ディズニーは「休足時間」と「リップクリーム」が必需品。
飛ぶように売れています。

f:id:nandemoya_future:20161212183544j:plain

 

④ホテル内や周辺に見どころが無い

他のディズニーホテルやオフィシャルホテルなどは、パークやイクスピアリに近かったり、駅チカで他の観光地に出やすかったり、プールやフィットネスルーム、エンターテイメント施設、広い中庭、軽食の楽しめるラウンジがあったりします。

しかし、セレブレーションホテルの中や周辺には、このような時間の潰せる娯楽施設はないと考えてください。かろうじて、小さいながらも雰囲気を出そうと頑張っている中庭がある程度です。30分もあれば、ホテルを隅から隅まで探検できると思います。 

■中庭にあるイルミネーションと宝箱(近くで見ると隠れミッキーがいます)

f:id:nandemoya_future:20161212184309j:plain f:id:nandemoya_future:20161212184311j:plain

これらのことから、やはりセレブレーションホテルは、パークから帰ってきた後に素泊まりするホテルなんだと思いました(;^_^Aホテル内や周辺の観光はほどほどにし、翌朝のハッピー15エントリーに備えて、部屋で英気を養いましょう。

 

【スポンサードリンク】
 

パークでの過ごし方について

⑤荷物を預けるのが非常に手間

ディズニーホテルに宿泊する上での大きなメリットは、パークで遊ぶための様々な利点が受けられることです。中でも、舞浜駅に隣接する「ウェルカムセンター」で、手荷物をホテルに無料配送してくれるサービスは本当に便利です。舞浜駅に降りた瞬間から、ホテルに寄ることなく、ハンドフリーな滞在を可能にします。

しかし、セレブレーションホテルの宿泊者は、この「ウェルカムセンター」での荷物無料配送サービスを利用できません。その代わりに、舞浜駅から少し離れた「ボン・ヴォヤージュ」というショップで有料(1荷物400円)で荷物を配送してくれます。

しかし、人が集中し、当日の朝は受付が混む可能性があるので注意が必要です。下手をすると時間がかかり過ぎて、開園時間にパークに着けないことも十分にあり得ます。だからと言って、ホテルに直接預けに行くことも、バスで片道20分かかることから面倒くさいです。

そこで僕が利用したのはコインロッカーです。舞浜駅やパーク内外の入り口付近に設置されていますのでオススメです。結構な台数が設置されているので、混雑日でも利用できると思います。

以下に各パークのコインロッカー設置場所のリンクを貼っておきますので、確認してみてください。

【公式】コインロッカー | 東京ディズニーランド | 東京ディズニーリゾート

【公式】コインロッカー | 東京ディズニーシー | 東京ディズニーリゾート

 

※トランクなど通行の妨げになる可能性の高い手荷物を持っている場合、安全上の理由からパーク内への入場ができません。パーク外のコインロッカーを利用するようにしましょう。

 

⑥ハッピー15エントリーの利点を活かしきれない

個人的には、これが一番残念なポイントだと感じました。

「ハッピー15エントリー」とは、ディズニーホテルの宿泊者特典である「パークへの先行入場権」です。パーク開園の15分前に先行入場することができ、人の少ないパークでアトラクションやグリーティングを短時間で体験することができます。

 

他のディズニーホテルは各パークまでドアツードアで10分程度です。そのため、この特典を利用することで、ギリギリの時間までホテルの部屋で休んでいてもパークに先行入場でき、最大限に楽しむことが可能になるわけです。※ただし、余裕を持って行動してくださいね(;^_^A

 

しかし、セレブレーションホテルの場合は状況が異なります。

セレブレーションホテルは、パークまでの専用シャトルバスで20分かかります。特に朝は他のバスや車での来園者で道路が混雑するため、30分程度は余裕を見ておいた方がいいです。

また、セレブレーションホテルからのバスはとんでもなく混雑します。ホテルの方の話によると、8時開園日であれば、7時以降のバスはハッピー15エントリー希望者でごった返し、並んでいても1、2本バスを見送ることもあるそうです。朝の道路混雑も加味して、少なくとも6時台のバスに乗れるようタイムスケジュールをした方が良いです。

ちなみに、ランドは入場待機列の前に手荷物検査があるので、ここで5分から10分待たされることも念頭に置いておきましょう。

 

このように考慮した上で、僕は6時50分発のバスで「ホテル:ディスカバー」⇒「ディズニーランド」に行ったのですが、待機列に到着したのはなんと7時40分!かなりギリギリでしたね(;^_^Aホテルからパークまでは少なくとも50分程度はかかると考えて行動したほうが良いと思います。

 

ちなみに、僕の5分後に並んだ人は、次(10分後)のバスになってしまったので、完全な先行入場はできなかったと思います。こう考えると、④で言った通りにホテルで朝ごはんを食べてる余裕はないわけですよ。

 

以上のことから、セレブレーションホテルを利用する場合、朝からドタバタ&ハラハラし、少しでも遅れると先行入場ができなくなってしまう可能性もあります。僕は正直、「朝からこんなに疲れるなら、高い金払ってでもディズニーランドホテルを取ればよかった・・・」って思っちゃいました。

 

あと、翌朝の行動を円滑にするために、チェックアウト方法や手荷物の預け場所(ホテルorコインロッカー)は前日に確認しておきましょう。

 

価格について

⑦オフィシャルホテルと比べるとそこまで安くない

セレブレーションホテルは、東京ディズニーリゾートで唯一のリーズナブルタイプのホテルなわけですが、実はホテルとしてはそこまで安くありません

まぁ、12月第2週の金曜日で1泊1部屋41000円ですから、確かにリーズナブルとは言えませんね(;^_^A

 

と言うのも、クリスマスなどのディズニー繁忙期でも、1人当たりの宿泊代に約5000~10000円加えれば名立たるホテルが軒を揃える「ディズニーオフィシャルホテル」に泊まることができるからです。「シェラトン」や「ヒルトン」などの国内最高峰ホテルのサービスを受けることができます。

もっと言うと、ディズニーの閑散期には「ディズニーオフィシャルホテル」の価格は大きく下がる傾向にあるので、時期を見計らうことでセレブレーションホテルよりも低価格で泊まることが可能です。

ディズニーホテル以上に客室は広いし、きれいだし、サービスも良いし、ご飯も美味しいし、設備も充実してるし、舞浜駅ウェルカムセンターで荷物預かってもらえるし、パークまで10分程度だし・・・、さすがは「餅は餅屋」なんですよね(;^_^A

 

ただし、ディズニーオフィシャルホテルの宿泊者は「ハッピー15エントリー」を利用できません。逆に言えば、これこそがセレブレーションホテルに宿泊する唯一のメリットであり「ホテル代=ハッピー15エントリー代」と考えて利用することを推奨します。

  

まとめ

セレブレーションホテルはハッピー15エントリーを低価格で利用するために泊まるホテルです。更に言うと、ハッピー15エントリーを購入した特典として宿泊できると考えましょう。 

一般的なビジネスホテルに泊まる感覚で「最低限の寝る部屋を確保できれば良い」と考えると、それなりに納得できます。

それでも「セレブレーションホテルが高すぎる」と思う方は、その割高感を「ホテル内のディズニー装飾」「ハッピー15エントリー」の値段だと考えましょう。こればかりは、ディズニーホテルにしかできないプライスレスな特典ですからね(;^_^A

 

ディズニーが大好きで「是が非でもハッピー15エントリーがしたい!!」という人同士で宿泊することをオススメします。

一般的なご家族やカップルで利用する場合は、移動や時間管理が結構しんどいと思うので、入念に計画を立て、早め早めの行動を心がけて利用してくださいね。

 

では、また。