限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

セブンイレブンの「ロースかつ丼おむすび」を食べてみた感想

f:id:nandemoya_future:20171108235630j:plain

どうも。

 

今日、最寄りのコンビニであるセブンイレブンに行ったら、とんでもない「おむすび(おにぎり)」を見つけました。

 

「ロースかつ丼おむすび」ででーん♪

 

「丼なの!?おにぎりなの!?」と心の中で盛大にツッコミつつ、僕はかつ丼が大好きなので迷わず手に取ってしまいました。ここまで味が分かりやすく、それでいて斬新なおにぎりって久しぶりに出会いましたからね。正直、興味本位もありますが・・・(;^_^A

 

と言うことで本日は、セブンイレブンで発売された「ロースかつ丼おむすび」の紹介と、実際に食べてみた感想について綴りたいと思います。

「ロースかつ丼おむすび」を食べてみた

「ロースかつ丼おむすび」とは

「ロースかつ丼おむすび」は、セブンイレブンで2017年11月7日(火)から新発売されている、ロースかつ丼の所謂「カツ煮」を具にしたおにぎりのことです。名前のまま過ぎて説明になっているか分かりませんが、本当にそのままです。気になる方は次項まで読んでみてください(笑)

 

価格は170円(税込)とコンビニのおにぎりの中では高級な部類になります。ロースかつという肉々しい具が入っているからなんでしょうが、少し躊躇してしまいますね(;^_^A

 

また、よくよく調べて見ると、2年前くらいに「かつ丼おむすび」として発売されたもののリニューアル新発売らしく、完全新商品では無いみたいです。当時は180円(税込)だったので若干安くなっていますが、誤差の範囲ですね(笑)

 

見た目は「ミニかつ丼」というか「かつ煮のお寿司?」

パッケージはこんな感じです。期間限定」新発売」の文字が目を引きますね。

f:id:nandemoya_future:20171108235707j:plain

 

包みの外からでも「かつ」が2切れあるのが分かります。

「温めてさらにおいしい」とのことなので、レンチンして温めてからお皿に出してみました。※ちょうど良いサイズのお皿が無かったので、今回は醤油皿を使いました。

f:id:nandemoya_future:20171108235735j:plain

マジで白米おにぎりの上(?)にかつ煮が乗っています(笑)

いや、ロースかつ丼だから当然だといわれると当然なんですけどね(^_^;)

 

f:id:nandemoya_future:20171108235813j:plain

横から見るとこんな感じです。かつ煮部分の薄さに若干驚いてしまいましたが、

これはあくまでも「おにぎり」なのです!

ご飯部分とのスペースの兼ね合いで、ネタが薄くなるのは仕方ありません。

あと、醤油皿に載せると「回転ずしチェーン店」にありそうな「かつ煮のお寿司」に見えてきます。お子さんに人気が出そうだと思いました(;^_^A

 

【スポンサードリンク】
 

期待を裏切らない、イメージ通りのかつ丼味

食べてみた感想ですが、香りや味は完全に「かつ丼」で、普通に美味しかったです。

恐らく味付けは、セブンイレブンの人気チルド惣菜「三元豚のロースかつ煮」を基にして作られているのでしょう。期待を裏切らない味付け、安定した美味しさとなっていました。

 

ただ、かつ丼のガッツリなイメージとは逆の「可愛らしいボリューム」なので、少し物足りない感がありますね。かつ丼を食べたにも関わらず、お腹が満たされない違和感というか・・・、逆に食欲が刺激されてお腹が減りました(笑)

 

なので、どなたか「ロースかつ丼おむすびを買い占めてロースかつ丼を作った」的な企画をやってほしいです(;^_^A<誰得?

 

最後に

勢いで書いてしまった食レポ記事でしたが、いかがでしたでしょうか(笑)

 

流石はセブンイレブン、ユニークな新商品を定期的に発売しますよね。まさか商品名で驚かされるとは思いませんでしたが、楽しく美味しく味あわせてもらいました!

 

かつ丼が好きな人、ユニークな商品が好きな人、面白半分で興味がある人など、セブンイレブンで「ロースかつ丼おむすび」を見つけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

期待通りの美味しさと、空腹の加速が待っていると思います(笑)

 

では、また!