限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

丸の内の謎解きゲーム「時空の迷い人と不思議な書物」をレポート

f:id:nandemoya_future:20170408033858p:plain

どうも。

 

さて、春は謎解きイベントもたくさんで良い季節ですね。僕も謎解きに囲まれた週末を過ごすことができ、非常に充実しております(笑)

そんな謎解きフリークの僕が今回レポートする謎解きイベントは

リアル謎解きゲームin丸の内

「時空の迷い人と不思議な書物」です!

 

オフィス街で有名な「丸の内」近辺を舞台にした観光周遊型の謎解きイベントです。丸の内のオシャレなスポットを回りながら謎を解き、東京の歴史と魅力を学ぶことができます。相変わらずハイソな謎解きを作りますねぇ!

 

本記事では、リアル謎解きゲームin丸の内「時空の迷い人と不思議な書物」の紹介と、僕が実際に参加してみての感想について書いてみたいと思います。古き良き丸の内の街に触れられる、素敵な謎解きイベントです。本記事を読んで、ぜひ参加してみてください!

※本記事は謎解きイベント紹介のためのレポート記事です。
ネタバレに繋がる内容は書いておりませんので、未挑戦の方でも安心してご覧いただけます。

丸の内謎解きゲーム「時空の迷い人と不思議な書物」とは

歴史あるビジネス街「丸の内」が舞台の街歩き謎解きゲーム!

今回ご紹介する「時空の迷い人と不思議な書物」は、丸の内を舞台にした周遊型の謎解きゲームです。丸の内近辺を観光周遊しながら、散りばめられた謎を解いてストーリーを進めていきます。

www.nazotown.jp

丸の内は東京駅と大手町駅に挟まれたエリアなので、一般的にビジネス街としての印象が強いです。あまり「観光」って感じではありませんよね(;^_^A

しかし、今回の謎解きでは、そんな丸の内のオシャレスポットや歴史ある場所を見て回ることで、ビジネス街ではない違った一面と魅力を知ることができます。僕も長年東京に住んでいますが、丸の内にこんなスポットがあるなんて知りませんでした。

 

大好評の謎解きゲームの続編です!

実はこの謎解きイベント、昨年開催されたリアル謎解きゲーム

「魔法にかけられた神秘の街」続編となっています。このイベントもかなり好評で、開催期間を1ヶ月近く延長して行われました。もちろん、僕も参加してレポートしていますよ(^皿^)v

www.gengineer.net

ちなみに、続編と言いつつもストーリー上繋がっているわけではありません。前作の登場人物を伺わせるちょっとした小ネタがあるくらいなので、初めての方でも問題なく楽しめると思います。

 

スマホを使ったフルボイスの謎解きストーリー

この謎解きゲームの大きな特徴の1つが、「スマホを使ったフルボイスのストーリー」です。本イベント主催の「謎解きタウン」さんが得意とする構成ですね!

謎解きキットに記載されたパスワードを専用サイトで入力することで、物語の主人公であるあなたと、江戸時代からタイムスリップしてきたお姫様「弥姫」のフルボイスの謎解き物語が始まります。

f:id:nandemoya_future:20170408034022p:plain f:id:nandemoya_future:20170408034029p:plain

前作の小ネタから始まったときはニヤリとしてしまいました(笑)

 

謎解きゲームに物語がある最大のメリットは、謎解きが単調になりにくく、慣れていない方でも楽しみやすい点ですね。この他にも、初めての方が楽しめるような工夫が多くなされているイベントなので、どしどし参加してみてください!

 

【スポンサードリンク】
 

開催情報と注意点について

開催期間と参加方法をチェック

開催期間は2017年4月1日(土)~5月31日(水)までの2ヶ月間です!

ちょうどゴールデンウィークとも重なっていますので、遠方から来た方も観光と併せて参加できるイベントですね!もちろん東京在住の方も、今まで知らなかった丸の内を知ることができますのでドシドシ参加してください(笑)

 

参加方法は、東京駅最寄りの以下2店舗に行き、レジにて謎解きキット(1500円税抜)を購入するだけです。事前予約なども特に必要ありませんので、思い立ったが吉日で当日参加も可能です。

・丸善 丸の内本店
・ふたば書房 丸ビル店

f:id:nandemoya_future:20170408033935j:plain

 

なお、謎解きゲームの明確な制限時間はありませんが、探索の途中で利用する必要がある無料シャトルバスの運営が20時までなので、余裕を持って参加してくださいね。

 

ストーリー仕立ての謎解きなのでスマホが必須!

今回の謎解きゲームでは、解答を入力して次の目的地への指示を受けるために、ネットワーク通信の出来るスマホ(タブレット)が必要になります。謎解きゲームの続行が不可能になってしまうため、スマホを絶対に忘れないようにしてください(;^_^A

ちなみに、スマホはデータ通信と画像表示だけに利用されるので、そこまでの電池消費ては気にしなくて良いかと思います。ただ、スマホの電池が切れると謎解きが続行不可能になるので、念のため携帯バッテリーを持っていくことをオススメします。

購入キット数は?1人1つ必要?

f:id:nandemoya_future:20170408034207j:plain

謎解きキットの推奨購入数ですが、2人程度の少人数で挑戦する場合は、1キットでも不便なく遊べると思います。

謎解きキットを1つ購入していれば、全員のスマホでストーリーを観ることができますし、誰か一人がキットを占有して解く謎ギミックもありません。そのため、大人数で挑戦する以外は、1グループ1つの購入でも問題ないと思います。

 

【スポンサードリンク】
 

イベントの評価と参加してみての感想

本ブログでお馴染みの評価をしてみます

それでは本ブログでお馴染みの謎解きイベント評価をしてみましょう。

所要時間:★★★★☆(休憩込みで3~4時間程度。大謎に手間取りました)

難易度 :★★★★☆(大謎だけで★4の難易度、それ以外は簡単です)

緊張感 :★☆☆☆☆(開催時間はシャトルバスがある20時までで余裕があります)

運営  :★★★☆☆(問題の意図が分かりづらい部分がありました)

観光性 :★★★★☆(丸の内の歴史と素敵なスポットを知ることができます)

コスパ :★★★★☆(基本的な費用はキット代のみなので、コスパは良好です)

 

今回の謎解きゲーム、実は最後の問題が結構難しくて癖があります(;^_^A

まぁ、観光周遊がメインの謎解きですし、ヒントや解説も用意されているので、そのあたりは「おまけ」として考えて、のんびり丸の内を楽しんでください。

それでは、詳しい感想を書いていきます。

 

道中はライトな観光謎解き。最後の大謎だけはひらめきが必要!

前述したように、今回の謎解きゲーム「最後の大謎だけ異様に難易度が高い」です。

道中は観光周遊メインのライトな問題ばかりなので、のんびり穏やかに楽しむことができます。そのため、最終問題からの突然の難易度の上昇に、少し驚いてしまいました(;^_^A

 

謎解きゲームにおける最終問題には、「道中で手に入れた様々な手がかりや伏線を基に解いていくロジック型のギミック」と「手がかりが少なく、その状況だけで完結するひらめき型のギミックが存在します。

一般的に観光周遊型謎解きの最終問題は、道中の観光スポットに多くの手がかりと伏線を散りばめることができるため、前者の「ロジック型ギミック(+αひらめき要素)が多いです。

しかし、今回の謎解きは「ひらめき型ギミック」の要素がかなり強く、手がかり自体が少ないために、自力かつスムーズに大謎を解くのには、それなりの謎解きセンスが必要になります。

あまり言及するとネタバレになってしまうので止めておきますが、つまりは

「大謎を解くのにセンスが必要な謎解きゲーム」ということです。

 

自力で解けた方は、ぜひ自分のセンスに自信を持ってください!ただ、ヒントを見てもどうしても気付けない方がいるレベルの難易度だと思うので、早めにサクッと解説を読んでも良いと思いますけどね(;^_^A

ちなみに、僕たちも結構な時間、悩みました(苦笑)

 

丸の内の新たな魅力が分かる、素敵な謎スポットが盛りだくさん

f:id:nandemoya_future:20170408034238j:plain

個人的には、前作よりも謎スポットに素敵な場所が多く、気持ちの良い観光周遊ができたなぁと思いました。ビジネス街でキビキビした丸の内とは全く異なる、長閑で落ち着いていて自然豊かで癒されるスポットを知ることができます。

 

また、前作よりも広範囲の移動を行うため、訪れるスポットも多くなっています。そのスポットの歴史を弥姫がしっかり解説してくれるので、丸の内近辺の本当の意味での観光をすることができますね。

 

ちなみに、カップルにオススメな謎スポットが多いかなと思いました。オシャレかつ長閑なスポットがありますので、一風変わった「のんびり散歩しながらの謎解きデート」なんて合うと思いますよ(笑)

ただし、前述の通り、謎が玄人好みなので、早めに諦めた上で「次は絶対、成功させようね!」って次回の謎解きデートの約束をしてしまう・・・なんてどうでしょうか(;^_^A<「また謎解きかい!」って思われたらスミマセン

 

気軽に参加できる工夫と問題のバランス

今回の謎解きゲームは、多くの人が気軽に参加できるような工夫が多く盛り込まれています。例えば、

・1500円で半日遊べて、バスでの探索の移動費も無料

・スマホを用いたフルボイスのストーリー謎解き

・いつでも見れるヒントと解説あり

・謎解きキットが小さいので、持ち運びがしやすい

などがあり、ユーザビリティの面で非常に考えられてるなぁと感じました。

 

しかし、だからこそ、最終問題が玄人好みの内容だったことが非常に悔やまれます。問題数自体は多かったと思うので、最終問題の大謎に向けた伏線をもっと盛り込むことができれば、かなりバランスの良い構成の謎解きゲームになったのではないかと思いました。

 

あと、欲を言えば、もう少しストーリー内で弥姫や各キャラクターをクローズアップして欲しかったです。せっかく素敵なストーリーやキャラクターなのに、大謎がえぐ過ぎて注目がされないように感じたので・・・辛口ですみませんm(_ _)m

 

まとめ

丸の内の歴史と新しい魅力が詰まった謎解きゲーム
観光を楽しんだ後、大謎でのひらめきに向けて、
たくさん悩んでください(笑)

丸の内のオシャレなスポットを歴史を学びながら回ることができる素敵な謎解きとなっています。

東京に住んで何年も経ちますが、1つの街を見ても、まだまだ知らない場所や景色がたくさんありますよね。それを大きく実感できる謎解きゲームだと思いました。

 

ぜひ皆さんも、リアル謎解きゲームin丸の内「時空の迷い人と不思議な書物」をやってみて、丸の内の更なる魅力で楽しんだ後、大謎での「ひらめき」に挑戦してみてください。

 

では、また。 

関連記事

www.gengineer.net