限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

ダンガンロンパ3の謎解き脱出ゲーム「絶望遊園地からの脱出」inお台場ジョイポリスに挑戦してきた。

f:id:nandemoya_future:20161101031950j:plain

10月8日から始まった、ダンガンロンパ3の謎解き脱出ゲーム

「絶望遊園地からの脱出」

に早速挑戦してきました!

 

僕は、9月までやっていたダンガンロンパ3のアニメを全て観ていたので、この謎解きゲームは非常に楽しみにしていました。

今回の記事では、この謎解きゲームがもっと盛り上がるよう応援を込めて、その概要と挑戦してみての感想を紹介させて頂きたいと思います。

 

※ネタばれに繋がる内容は一切書いていません!今後挑戦する方も安心してご覧ください!

 

 ダンガンロンパ3「絶望遊園地からの脱出」とは?

お台場ジョイポリスで開催されているダンガンロンパ3の謎解き脱出ゲームです。

参加者は同作品内の「未来機関」の一員として、閉じ込められたジョイポリスから脱出するために謎解きを行う、というストーリーです。

イベント全体の所要時間は1時間30分。謎解きの前後に、ショーやルール説明、答え合わせがあるので、謎解きゲームの時間は実質1時間程度となります。

 

このゲームの謎解き部分は、
アニメをモチーフにした謎解きイベント運営組織「ナゾメイト」が考案しています。

ナゾメイト公式ホームページ

 

ナゾメイトは恐らくアニメイト関連の謎解き企画の専門部署の位置付けだと思いますが、ナゾメイト自体の情報が少ないので、確定した情報が分かり次第、報告させていただきます。

 

「絶望遊園地からの脱出」の参加方法とは?

開催期間は、10月8日(土)から11月6日(日)までの休日、全12日間です。
各日3回公演で、定員は各回130人です。

 

費用は、イベント参加のみの前売り券を購入すれば2,500円で参加できます。

また、特製パスケースとアトラクション乗り放題チケットを含んだ前売り券も購入できます。これであれば、イベント参加後にジョイポリスで遊びまわすことも可能です。

これらの前売り券は、以下の3つの方法で購入することができます。

・アニメイト店舗 池袋本店・秋葉原・新宿の3店舗のみ
・アニメイトオンラインショップ
・ローソンチケット

 

一応、当日券もあり、ジョイポリスの窓口で購入することができます。

 

しかし、このイベントは開催日が少なく、特に混雑が予想されるので、前売り券を購入したほうが良いと思います。むしろ、強くオススメします。

ちなみに、私が前売券を購入したのは、開催の2日前だったのですが、アニメイトオンラインやローソンチケットでは、既に「売り切れ」になっていました。そのため、僅かな望みを託してアニメイト池袋本店に出向いたところ、なんと店舗分が残っていたので、ギリギリ購入できた次第です。

もし開催直前で前売り券が手に入らなかったと言う人は、池袋本店・秋葉原・新宿のアニメイト店舗に行ってみれば、まだ店舗分が残っている可能性があります。
ぜひお試しください。

 

挑戦してみての感想

とりあえず自分が今まで挑戦してきた謎解きゲームと比べると、以下のように感じました。

所要時間:★★☆☆☆(ルール説明、謎解き、解説で1時間30分はかなり駆け足でした)

難易度 :★★★★☆(問題自体はそこそこの難易度ですが、問題数が絶望的に多いです)

緊張感 :★★★★★(同上です。とにかく時間が足りません)

運営   :★★☆☆☆(混雑、演出がイマイチ。そもそもジョイポリスで開催する必要がない)

観光性 :★★★☆☆(謎解きに参加することで、ジョイポリスに入園できます)

コスパ :★★☆☆☆(うーん、若干、物足りないと感じました)

とにかく問題数が多い

問題自体はそこまで難しくありませんが、問題数が多いので、難易度は高いです。制限時間の少なさも相まって、玄人向けのイベントだと言えるでしょう。

ちなみに、完全クリア者は130人中15人程度でした。クリア者の多くが4人程度のグループで行動していたことからも、このイベントの難易度が分かると思います。

 

謎解きの環境が良くない

僕がこのイベントに対して特に強く感じたことは、謎解きの環境が非常に悪かったことです。まぁ、屋外でやる時間制限付きのイベントであれば、謎解きの環境が悪いなんてよくあることではあるんですが、そんなものじゃありませんでした。

3階建てのジョイポリスをフルに使い、他の入場者もいる大混雑の中でイベントは進行します。特に、僕が参加したのは10月8日~10日の3連休の中日で、とんでもない混雑日でした。

移動は人をかき分けて進み、立ち止まって問題を考えるのも難しいという人の多さです。また、屋内遊園地で照明も暗く、問題を考える場所を確保することに苦労する状況でした。

これらは、ジョイポリスで今後謎解きイベントを開催する際に、改善願いたいポイントだと言えるでしょう。

 

これって、ダンガンロンパだよね?

ナゾメイトの企画なので、当初は原作の設定が多く登場することを期待していました。

確かに、原作の設定は引き継いでストーリーや問題を作っていたようで、一応ではありますが、浅い内容で謎解きに関わってきます。

しかし、肝心の原作キャラクターは、モノクマしか出てきません。また、謎解き中にモノクマ&モノミちゃんとのグリーティングもやっていましたが、クリアを目指すなら写真を撮っている時間はありません(笑)

唯一のファンアイテムは、クリア特典のイラストだけですね。大切にします(;^_^A

 

総評

絶望的な問題数と環境は、モノクマからの挑戦状

 

ダンガンロンパらしい絶望的緊張感のあるゲームだと考えれば、この難易度と環境を納得できるかなと思いました(笑)

ただし、このイベント、決して子供向けではありません。本当に謎解き玄人向けです。もし挑戦する場合は、人海戦術と皆さんの脳内をフル活性化させた状態で挑むことをオススメします。

あと、いつもお伝えしていますが、ゲームに参加する際は、歩きスマホや歩き謎解きはしないようにしてください。特に休日のジョイポリスはただでさえ混雑していて、小さい子も多いです。屋内施設で照明も暗いので、ながら歩きは大変危険です。ルールを守って、正しく安全に参加してください。


では、また。

 


★他の謎解きゲーム関連記事はこちら

www.gengineer.net

www.gengineer.net