限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

【混雑】ニモ&フレンズ・シーライダーをレポート【酔うの?】

f:id:nandemoya_future:20170522004718j:plain

どうも。

 

2017年5月12日にオープンした新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」に初乗りしてきました。

 

やっぱり新アトラクションは良いものですね!映像も煌びやかで、今までに無かった動作やキャラクターがあったので、新鮮な気持ちになりました(笑)まぁその分、それなりに癖の強いアトラクションだとも感じましたけどね(^_^;)

 

本記事では「ニモ&フレンズ・シーライダー」の初乗りレポートを行うと共に、個人的な感想や、混雑具合酔いやすさなどの関連情報もお伝えしたいと思います!

ニモ&フレンズ・シーライダーとは

ニモたちと一緒に海の中を冒険するアトラクション

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、「ファインディング・ニモ」シリーズに登場する仲間たちと海の世界を冒険するフライトシュミレータ型のアトラクションです。2017年5月12日に、未来の海をイメージしたエリア「ポートディスカバリー」にオープンしました。

www.tokyodisneyresort.jp

海洋生物研究所が開発した乗客ごと魚のサイズに縮むことができる観測潜水艦「シーライダー」に乗って、ニモやドリーたちと一緒に、煌びやかな海の世界を楽しむことができます。まさに「ポートディスカバリー」にぴったりの夢のあるアトラクションだと言えますね!

 

フライトシュミレータでは珍しい「リアルな水中」を表現

f:id:nandemoya_future:20170522004743j:plain

「ニモ&フレンズ・シーライダー」はライド前面のスクリーンの映像と連動して椅子が動作する、いわゆる「フライトシュミレータ型」のアトラクションです。前身のストームライダーや、ランドにあるスター・ツアーズと同じ形態ですね。 

 

ここで特筆すべきは、フライトシュミレータ型のアトラクションで「水中」が舞台になっているものは珍しいということです。まぁ「フライト」という名の通り、空を飛んだり、落下感があるアトラクションがほとんどなんですよね(;^_^A

 

なので、このアトラクションで表現される「水中での浮遊感」や「魚が泳ぐフワフワ感」「海流のスピード感」は、他のアトラクションも含めて感じることができない、非常に新鮮な動きだと感じることができるはずです。

 

まぁ、そのリアルさ故に、別の問題が発生したりするんですけどね(笑)

詳しくは、後述したいと思います(;^_^A

 

【スポンサードリンク】
 

初乗りの感想&見どころは?

ルート分岐による登場キャラクターの多さ

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、近年のフライトシュミレータ型アトラクションのトレンドである「ルート分岐」が存在します。現状「5つの分岐ポイント」「2つずつルート」が確認されており、全体で考えると「2の5乗」つまり32通りのルートが存在していることになるわけです。

■アトラクションの周りにもドリーやハンクがいますよ!

f:id:nandemoya_future:20170522004944j:plain f:id:nandemoya_future:20170522005114j:plain

また、これらの分岐ルートにおいて、全て主役となる登場キャラクターが変わります!確認されている分岐と登場キャラクターを簡単にまとめますと、

①導入ゾーン:ニモかドリーか?

②海流で移動:クラッシュかスクアートか?

③海で遊ぼう:ラッコかクラゲか?

④ヴィランズと対決:ハンク(敵:ダーラ)かデスティニー&ベイリー(敵:大ダコ)か?

⑤帰路:ベッキー(フルーク&ラダーも見切れる(笑))かエイの群れか?

となります。登場キャラクターが本当に多い、盛りだくさんのアトラクションなんですよね!毎回のルートが違うとなると飽きにくいですし、次回乗るときのワクワク感が違います!

 

上述の「水中での動き」も含めて、フライトシュミレータ型アトラクションの長所を存分に活かしたアトラクションだと言えるでしょう!

 

ちなみに僕が乗った回は、②でクラッシュルートが選出されたので、

クラッシュ「最高だぜー!」

乗客「ウォーーーーー!」

を行うことができて嬉しかったです!

アトラクションと作品と乗客の一体感、楽しかったなぁ(笑)

 

プレショーがなかなかに本格的

f:id:nandemoya_future:20170522005226j:plain

このアトラクションでは、ライドに乗り込む前に事前説明を兼ねた「プレショー」が行われます。

 

ここでは、チヂミニウムという電流を通すと小さくなる金属で作った「シーライダーの模型」を縮小させるという実演が行われるのですが、普通にすごいです(笑)どうやってるのか仕組みが分からないですね。お子さんたちは大興奮のプレショーだと思いました(;^_^A

 

また、プレショーの説明に使われたムービーが、研究施設や博物館で使われるプレゼンテーションぽくて、非常に雰囲気が出ているなと思いました。国立科学博物館や科学未来館で観るムービーに似ているんですよね。

こういうアトラクションを通して、子供たちに研究や学問への憧れと興味を持ってほしいなぁ、と感じました。

 

サイドスクリーンにも注目!

f:id:nandemoya_future:20170522005246j:plain

このアトラクションのライドには、前面にある大きなスクリーン以外にも、ライド側面に小さめの窓(スクリーン)が設置されています。もちろん、このサイドスクリーンもライドの動きや景色と連動しているため、横を向いても楽しむことができるわけです。

 

実は、前身のアトラクション「ストームライダー」の頃にも、このサイドスクリーン連動はあったわけですが、今回のサイドスクリーンは一味違います。サイドスクリーンからライド内を覗き込むキャラクターや、前のスクリーンを観ていては音しか確認できない内容(某ヴィランズの姿)などが観えるんです。

これって、座る位置が後ろだったり、隅になってしまった人にしか楽しめない景色なので、「悪い席に当たってしまった感を軽減すること」ができますよね。乗客への素晴らしい配慮だと思いました。

 

ちなみに、僕は運良く(?)ライドの最後方&最右側の席に座ることができたので、それらの一部始終を観ることができました。見るべき場所が多くて若干混乱しましたが、これはこれでかなり楽しめました!(;^_^A

なので、もし「最後方&端の席」に当たってしまった方は、サイドスクリーンにも注目して、他の人にはできない楽しみ方をしてみてください!

 

ミッション・コントロールがデイビスだーーー!(感激)

惜しまれつつも昨年5月にクロースした、このアトラクションの前身「ストームライダー」の名残が盛り込まれていました。

 

なんと、シーライダーをナビゲーションする「ミッション・コントロール」の声を、ストームライダー2号機のパイロット「キャプテン・デイビス」を担当した磯部弘さんが演じているのです!セリフやキャラクターは違えども、その声に懐かしさと心地よさを感じ、非常に感動してしまいました。

 

可能であれば、最終確認の際に「OK!」じゃなくて、

「チェーック!!」

って言って欲しかったなぁ・・・(独り言)

 

【スポンサードリンク】
 

その他の関連情報

f:id:nandemoya_future:20170522005421j:plain

酔いやすい?

フライトシュミレータ型アトラクションには付き物である「酔いやすさ」についてです。楽しみにしていた方であれば、当然気になりますよね(;^_^A

 

僕が初乗りした感想をぶっちゃけて言いますと、前身のアトラクション「ストームライダー」よりは間違いなく「酔いやすい」と思いました。

 

前述した「水中」の動きが結構辛いんですよね。

水中なので、重力の表現に独特の浮遊感があります。それでいて、水中特有の上下左右の動きと、魚特有のコミュニケーションである頭突き(?)で前後に振られます。

 

酔いやすい人(僕の奥さん)は上述の①シーンが終わった段階で早速「ヤバいな・・・」と感じていたらしく、③シーンの段階で確信に変わったようです(笑)

「ストームライダーでは一度も酔ったことが無かったのに・・・」と凹んでいました。(僕も少しだけ酔いそうになりましたが、何とか大丈夫でした(;^_^A)

 

なので、僕たち夫婦が感じた酔いやすさの指標で言うと、

スターツアーズ>シーライダー>>ストームライダー

な感じでしょうか。心配な方は、体調の良いときに、酔い止めを服用するなどして、万全の態勢で挑んでくださいね。

 

混雑状況は?

このアトラクション、乗車時間が5分と短めにもかかわらず、1キャビンあたり122人(2キャビン244人)を捌くことができるため、非常に回転率の良いアトラクションです。

なので、オープンしたての2017年5月の現状だけを見ても「通常スタンバイが大体平均で120分程度」「ファストパスも昼頃まで残っている」と言う、比較的良心的な待ち時間のアトラクションとなっています(;^_^A

 

もちろん、繁忙期を過ぎたGW後の状況なので、今後待ち時間がこれ以上に伸びる可能性もありますが、上述した「酔いやすさ」「回転率の良さ」、アトラクション自体が「比較的子供向けであること」などから、そこまで長期的な混雑にはならないのではないか(次の夏休みがピーク)と個人的に予想しています。

 

まぁしかし、現状はかなり混んでいるため、ファストパスは優先して取りに行くことをオススメします。暫くは、「トイマニ⇒シーライダー」がファストパスのスタンダードになるかもしれませんね(笑)

 

びしょ濡れになるの?

結論から言いますと、ほとんど濡れません。

一応、水は降ってきますし、それに気付く程度には濡れるわけですが、ストームライダーに比べると全然ですし、「ミッキーのフィルハーマジック」の方がギリギリ濡れるんじゃないか、と感じる程度ですね。

 

そもそも潜水艦のシーライダーで濡れるってことは、完全に浸水していますからね(笑)海中探検どころでは無く、マジで重要インシデントですよ(;^_^A

まぁ、そこまで深く考えると楽しめなくなるので、何も考えずに、どこからともなく降ってくる水しぶきを感じながら、海中探検を楽しみましょう。

 

最後に

f:id:nandemoya_future:20170522005402j:plain

いかがでしたか?

以上がニモ&フレンズ・シーライダーの初乗りレポートと関連情報でした!

 

見どころ盛りだくさんで、贅沢なアトラクションである半面、なかなかに癖のある一面も持っていることがお分かりになったでしょうか(;^_^A

 

とは言え、完成度の高い、今までに無いアトラクションであることも確かです!

ぜひ皆さんも、ニモたちと海の冒険を楽しんでみてくださいね!

 

ではまた。

 

関連記事

www.gengineer.net

www.gengineer.net