限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

【感想】スタバ好きの僕でもスタバプリンは「過大評価」だと思う

f:id:nandemoya_future:20161229020519j:plain

どうも。

 

以前記事にした通り、僕はスタバが好きです。

仕事でもプライベートでも、頻繁にスタバを利用しています。

www.gengineer.net

そんなスタバで11月10日から大人気のデザート「プリン」が販売されることになりました。このプリン、ネット上では「美味しい」と評判になっていて、販売開始から常に品薄な状態が続いています。

 

本日は、僕が初めてスタバのプリンを食べたときの感想を書いてみたいと思います。

スタバのプリンについて

11月10日から日本で販売開始。2つのフレーバーが特徴

11月10日からひっそりと発売開始されたスタバのプリン。元々は韓国のスタバでのみ販売されていた人気のフードメニューでした。

2つのフレーバーが存在し、プレーン味とも言える「ミルクカスタードプリン」とチョコレートを織り交ぜた「チョコレートプリン」が販売されています。

 

発売直後から品薄状態に

スタバで新商品が発売される場合、ネットニュースやレビュー記事などで取り上げられます。プリン発売開始時も同様で、各種メディアやSNS、ブログなどで取り上げられ、大きな話題になりました。

 

このように取り上げられたおかげで、プリンは常に品薄の状態になりました。公式サイトにて、供給が間に合わないことに対するお詫びの文面が掲載される始末です。

しかし、これ以降も供給不足が解消されることは無く、お詫び文の掲載から1ヶ月経った今でも、午前中の段階でプリンは売り切れてしまう状況が続いていました。

 

「スタバのプリンが食べたいのに食べられない」という消費者の願いはSNSで拡散され、更なる話題を呼びます。やっとの思いでプリンを食べることができたスタバファンが「美味しい!」とツイートすることが、何よりの宣伝活動になっていたわけです。

 

期待を胸にスタバのプリンを食べてみた

正直な感想は「美味しいけど・・・」

と言うことで、僕も期待を胸にスタバプリンを食べてみたわけです。

これだけ多くのメディアやスタバファンが美味しいと評し、常に売り切れになっているプリンですから、それはそれは美味しいんだろうなと思っていました。

f:id:nandemoya_future:20161229014400j:plain

外装はこんな感じです。 蓋を開けます。

f:id:nandemoya_future:20161229014619j:plain

薄黄色のツヤツヤしたプリンですね。どちらかと言うと、ミルク成分が多めなのでしょうか?

では、早速いただいてみましょう・・・

f:id:nandemoya_future:20161229014650j:plain

もぐもぐ・・・。

 

うん、予想通り、卵よりもクリームの味を前面に感じます。牛乳の味をしっかりと感じることができるミルキーな味わいですね。それでいて、砂糖のシャープな甘みもしっかりと感じられます。コーヒースタンドのスタバならではの、「ブラックコーヒーに合うプリン」と言えるのではないでしょうか。

 

ただ、容器の半分くらいまで食べると、その甘さをくどいと感じるようになりました。もう少し卵のコクが感じられれば、甘みがまろやかになって食べやすいんですけどね。

例えるならば、「子供の頃に食べた近所のケーキ屋さんのプリン」でしょうか(分かりにくくてすみません)。クリームと砂糖の甘さがかなり前に来るので、たまに食べる分にはいいんですが・・・リピートは当分しないかなと思います(;^_^A

 

期待値が高くなりすぎた感が否めない

今回はスタバプリンへの期待値を高く設定しすぎてしまったために、このような「イマイチ」の感覚を抱いたのではないかと思います。「①闇雲に褒めまくるメディアやブログ」「②商品寿命を長くするために品薄状況を改善しなかったスタバのマーケティング」の2つの要因による結果ですね。

 

もちろん、スタバプリンのようなジャンキーな甘さのプリンが好きな方もいると思いますが、プリン専門店でもっと安くプリンが食べられると考えると、若干複雑になってしまいますね(;^_^A

■プリンの参考価格

スタバ:税込346円

パステル:税込335円

とよんちのたまご:税込268円

 

まぁ、これもスタバブランドであり、スタバの場所代と考えるべきなのでしょう。

 

まとめ

クリーミーでとっても甘いスタバのプリン

ブラックコーヒーと合わせるのがオススメです

 

スタバ好きだからこそ辛辣なことも書いてみましたが、正直複雑ですね。やはり「餅は餅屋」で、プリンを作るにも上には上がいると言うことなのでしょう。

 

スタバプリンは今まで韓国でしか発売されていなかったようなので、日本での販売は「世界的にスタバプリンを売り出す試験的な意味合い」もあるのかもしれませんね。

ただし、今回試食してみた限りでは、プリン市場はハードルが高いよー、と思わざるを得ません(;^_^A今後のスタバプリンの動向に注目ですね。

 

では、また。