限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

スタバのディカフェドリップコーヒーが実質50円の値上げ

f:id:nandemoya_future:20170117154729j:plain

どうも。

 

2017年1月11日から、スタバのディカフェメニューが拡充されました。

従来「カフェイン入り」でしか提供されていなかった「カフェラテ」や「キャラメルマキアート」などのエスプレッソメニューに50円プラスすることで、ディカフェのドリンクが味わえるようになったのです。

 

カフェインを安易に摂取できない方にとっては、非常に喜ばしいことです。僕もディカフェのコーヒーはよく飲むので、当初は手放しで喜んでいました。

 

しかし、このディカフェ拡充にも、1つの落とし穴があります。既存のディカフェメニュー(主にデカフェのドリップコーヒー)も50円プラスされてしまうことです。

つまり、実質的な「50円値上げ」ですね。

 

本記事では、ディカフェ拡充とドリップコーヒーの値上げについて僕が思うことと、この値上げに対する個人的な対策を書きたいと思います。

スタバのディカフェ拡充について

ディカフェのエスプレッソが抽出できるようになった

今回、ディカフェのメニューが拡充された理由は、「エスプレッソ」がディカフェで抽出できるようになったことです。これにより、「エスプレッソビバレッジ」と呼ばれるカフェラテやマキアートなどの様々なメニューを、+50円でディカフェに変更できるようになりました。

 

ここで言う、エスプレッソとは豆から加圧状態で抽出したコーヒーで、風味が濃厚なだけでなく、カフェイン含有量も高いのが特徴です。一般的なブラックコーヒーとは、抽出方法も風味も異なります。

スタバでは、この「濃厚な風味のエスプレッソ」を使って、カフェラテやマキアートのコクを作っているわけですね。

 

何故かエスプレッソ以外のディカフェも値上げ

スタバのドリップ(ブラック)コーヒーは、「カフェインあり」と「ディカフェ」の2種類が提供されています。注文時に「ディカフェでお願いします」と言えば、通常のドリップコーヒーと同じ価格で飲むことができたのです。

 

しかし、今回のディカフェ拡充により、「エスプレッソ」とは関係のないドリップコーヒーについても、ディカフェを選択する場合は+50円が必要になってしまったのです。

■スタバ店頭にあったお知らせ

f:id:nandemoya_future:20170117154627p:plain

 

この値上げはディカフェドリップコーヒー好きの僕には、かなりショックな出来事でした。

エスプレッソのディカフェ抽出にコストがかかるのは仕方ありませんが、今回の拡充に関係のない既存メニューまで値上げしてしまうとは…。ディカフェ文化が浸透すると思い喜んだ矢先に、ドリップコーヒー好きに対するこの仕打ち…悲しいです(´・ω・`)

 

ディカフェのワンモアコーヒーも50円値上げ

そして、個人的に最もショックを受けたことが「ワンモアコーヒー」についてです。

スタバワーカーの味方であった、2杯目100円の制度である「ワンモアコーヒー」ですが、今後はディカフェでワンモアコーヒーを頼んでも50円多くかかってしまいます。

 

つまり、ディカフェだとおかわりコーヒー150円になるわけです!

 

「100円から150円への値上げ」と言うよりも、「ディカフェ無料が有料になる」って感覚がショックなんですよね。

例えるなら、「ご飯おかわり無料」の店で「おかわり50円」になった感じ(笑)別に、ご飯じゃなくても、パンおかわりでも、サラダバーでも、何でもいいんですけどね(;^_^A

 

【スポンサードリンク】
 

僕が考えたお得かつ健康的な飲み方

ワンサイズ小さいコーヒーを2杯飲む

上述のように、スタバワーカーでディカフェのドリップコーヒーが好きだった僕にとって、この値段改定は非常にショックだったわけです。

そこで僕は、この値上げへの対策を1つ考えました。

 

それが「ワンサイズ小さいコーヒーを2杯飲む」という対策です。対策と言うほどでもないんですけどね(;^_^A

 

1杯目に注文するコーヒーをワンサイズ小さくして、ワンモアコーヒーを使って2杯飲みます。もちろん、2杯ともカフェイン有りのコーヒーです。

こうすることで、過剰なカフェイン摂取を防ぐだけでなく、1杯目のコーヒーの値段をワンサイズ分(40円)安く済ませ、更にワンモアコーヒーにおけるディカフェの50円分も節約することができます。

 

経済的で、健康にも良い、一石二鳥な対策になるわけです!

 

50円は場所代&スタバへの投資

とは言っても、スタバではいつも長時間作業をさせてもらっているので、感謝を込めた50円だと思って目をつむり、ある程度は今まで通りに注文しようと思いました。

もう値上げしてしまったのは仕方ありませんからね(;^_^A

 

ただし、たかが50円、されど50円です。不要なコーヒー代にならないように上記の対策も実施し、無駄遣いを減らしていこうと思う所存でございます(笑)

 

まとめ (ってほどでもないですが…)

ディカフェ拡充によって、様々なスタバのドリンクがカフェインレスで楽しめるようになりました。カフェインを安易に摂取できない方にとっては、非常に嬉しいニュースだと思います。

しかしその一方で、ディカフェのドリップコーヒーとワンモアコーヒーの実質的な値上げも発生しています。個人的にはショックなニュースでしたが、コーヒー好きだからこそ、ディカフェ文化が浸透して、より多くの方がコーヒー&ティーライフを送れるように応援していきたいですね。

 

では、また。

 

オススメのカフェイン記事

世界初のカフェインチャージバーをレポート!!

www.gengineer.net