限界エンジニアの冒険録

システムエンジニアが「趣味・健康・仕事」を限界まで楽しみ、全力で発信していく。そんなブログです。

ドナルドの新グリーティング「ウッドチャック」混雑時の注意点

どうも。

 

2016年11月21日、東京ディズニーランドにドナルドとデイジーの新しいグリーティング施設が誕生しました。

その名は

「ウッドチャック・グリーティングトレイル」

 

先日、奥さんとディズニーランドに行った際に、110分待ちで空いていたので、意を決してスタンバイしました(笑)もうこの時点でツッコミどころ満載ですよね(;^_^A

そして、その率直な感想は「ランドでドナルドに会えるのは嬉しい!でも、スタンバイ環境(Qライン)がかなり過酷!」ってことです(笑)

本記事では、ウッドチャック・グリーティングトレイルに110分スタンバイしたレポートと、スタンバイする上での注意点について書いてみたいと思います。ドナルドに会いたい方、ウッドチャックに並ぶ覚悟を決めるためにも、ぜひ読んでみてください(;^_^A

ウッドチャック・グリーティングトレイルとは

自然豊かなキャンプ場をイメージしたグリーティング施設

「ウッドチャック・グリーティングトレイル」はウエスタンランドの最奥地に位置しています。アメリカ未開の地のキャンプ場をイメージした新エリア「キャンプ・ウッドチャック」内にあるグリーティング施設です。

厳密には、ドナルドの甥である3つ子「ヒューイ・デューイ・ルーイ」が出演する作品「ジュニア・ウッドチャック」シリーズがテーマのエリアです。

 

未開の地ならではの自然豊かなエリアで、木々の間からはビッグサンダーマウンテンが見え、そばを流れる大きな川(アメリカ河)の対岸にはトムソーヤ島が見えます。のんびりとした、とても長閑なエリアですね。

f:id:nandemoya_future:20170106175349j:plain f:id:nandemoya_future:20170106175406j:plain

 

ドナルドとデイジーの新しい限定コスチューム

「ウッドチャック・グリーティングトレイル」では、ここでしか見れない限定コスチュームのドナルドとデイジーに会うことができます。探検家をイメージした新コスチュームはとても可愛らしいです。お茶目なダックファミリーらしいですよね!

僕の奥さんは、デイジーの衣装が特にお気に入りで、チェック柄のスカートやブーツが可愛いと大絶賛していました(笑)

f:id:nandemoya_future:20170106175356j:plain

個人的には、デイジーがブーツを履いているのに、ドナルドが靴すら履いていないのが気になりました(笑)まぁ、それも可愛いんですけどね(;^_^A

 

貴重なグリーティングにオープン初日から大混雑

そんな「ウッドチャック・グリーティングトレイル」ですが、オープン初日から大混雑に見舞われます。

初日はドナルド・デイジー共に最高6時間待ち最短でも2時間30分程度の待ち時間が発生しました。現在は落ち着いてきたものの、未だに2時間待ちは覚悟しなければならない超大人気のグリーティング施設です。

特に、2017年になってからは酉年効果もあって、混雑が盛り返しているようですね(;^_^A

 

僕たち夫婦は、土曜日の昼過ぎパレードの直後、110分待ちになったタイミングを見計らってスタンバイしました。スタンバイ中に150分待ちまで列が伸びたことを確認したので、一瞬のスタンバイの隙を見付けて並べるかが重要ですね。

f:id:nandemoya_future:20170106175535j:plain

 

【スポンサードリンク】
 

110分混雑でスタンバイしたレポートと注意点

それでは、僕たち夫婦が実際に「ウッドチャック・グリーティングトレイル」に110分並んでみてのレポートと感想を書いていこうと思います。

結構辛辣なレポートになりますが、この記事を読んで、スタンバイ後に後悔しないような準備と決意をもって、ドナルドとデイジーに会いに行ってほしいと思います。

 

スタンバイ中の待機列からキャラクターが見えない

このグリーティング施設では、キャラクターのいる写真撮影場所が小屋になっていて隔離されています。そのため、スタンバイ中の待機列(Qライン)から、ドナルドやデイジーを眺めることができません。

これにより、写真撮影場所で周りの目を気にすることなく、キャラクター達とゆっくり触れ合うことができるわけです。

ディズニーシーにある既存のドナルドとのグリーティングは、Qラインからドナルドと触れ合うゲストが丸見えです。恥ずかしいからと、キャラクターへの思い切ったお願いができない人もいたと思うので、周囲の目を気にしなくていいのは嬉しいですよね。

 

ただし、この内容、実は欠点もあります。次の項目で合わせて説明します。

 

スタンバイ列に時間の潰せる景色や展示が無い

ディズニーパークでは、多くの待ち時間が発生します。そのため、スタンバイをする待機列には、ゲストを楽しませるような様々な工夫がなされています。

ディズニーパークのほとんどのグリーティング施設で、「スタンバイ中にそのキャラクターを眺められる」「その作品をモチーフにした内装にする」ことで、スタンバイ中のゲストが時間を潰せるように構成されています。

 

しかし「ウッドチャック・グリーティングトレイル」では、このような工夫がほとんど見られません。周囲には豊かな自然があるだけで、ダックファミリー感もありません。(カモが川をプカプカ泳いでいるくらいです。可愛いです笑)

スタンバイ中はただ無心に、独力で時間を潰すことを余儀なくされます。

つまり、待っている間、とにかく暇なんです(笑)

 

上述した「キャラクターが見えないことの欠点」はここに繋がります。キャラクターを遠くからでも眺めることができれば、それだけでホンワカして時間つぶしができるんですけどねぇ(;^_^A

■スタンバイ列から見える風景

f:id:nandemoya_future:20170106175623j:plain f:id:nandemoya_future:20170106175630j:plain

■スタンバイ列のすぐ横を泳ぐカモ

f:id:nandemoya_future:20170106175808j:plain

 

カヌー、蒸気船、機関車に気を遣う

そして、上述の「スタンバイ中の退屈さ」に拍車をかけるのが、これらの乗り物です。スタンバイ列がこれら3つの乗り物に囲まれているので、これらの乗り物が通過する度に、搭乗中の人たちがこちらに向かって手を振ってきます。

 

これがめっちゃ気を遣うんですよ。

 

ちなみに、1回や2回ではありませんよ。僕が並んだ110分で合計15回以上は手を振り返しました(;^_^Aカヌーや蒸気船なんて、距離が近くて音(声)が大きいから無視するわけにもいかず、こちらも作り笑顔で手を振り返すわけですよ。

■スタンバイ列のすぐ横を何度も通る蒸気船

f:id:nandemoya_future:20170106175904j:plain

 

しかも、手を振っているキャストさんはマニュアル通りやっただけですし、ゲストさんも促されたから手を振っているだけです。全ての人に悪気は全く無いから、更に質が悪い(苦笑)

これだけは、オリエンタルランドに真面目に改善してほしいですね。ゲストに気を使わせているようじゃ、誰も幸せになりません(;^_^A

 

山と川に挟まれている待機列。寒くて風が強い

上述したように、待機列はビッグサンダーマウンテンとカヌーや蒸気船が通るアメリカ河に挟まれています。この山からの吹きおろしと開かれた川が、ちょうど風の通り道を作っているようで、とにかく風が強くて寒いです。

夏は涼しくてちょうど良いかもしれませんが、冬は極寒のグリーティングになります。防寒対策をしっかりしていきましょう(;^_^A

ちなみに、僕らがこのグリーティングに行ったのは12月中旬で、晴れていて風が強い日でもありませんでしたが、とんでもなく寒かったです(笑)周囲の人もずっと「寒い寒い」と言いながら並んでいました。

(こんな極限状況の中、笑顔で手は振り続けたのは偉くありませんか?泣)

 

雨の日は傘を持ってのスタンバイ

待機列には十分なサイズの屋根が付いているわけではありません。待機列の全てを覆うサイズはありません。また、吹き抜けなので、風が強い日の雨だと確実に濡れてしまうでしょう。

■スタンバイ列の屋根が小さい様子

f:id:nandemoya_future:20170106180200j:plain f:id:nandemoya_future:20170106180207j:plain

特に、ドナルドのスタンバイ列に並ぶ方は要注意です。デイジーの列よりも建物の外側に並ぶことになるので、屋根でカバーしている部分から外れてしまい、天候からの影響をより受けやすいはずです。

 

夕立などの突然の強雨にも対応できるよう、折り畳み傘などを持った状態でスタンバイすることをオススメします。

 

「まとめ」と「スタンバイの心得・注意点」

混雑と過酷なスタンバイ列に耐えた人だけが味わえる

ドナルドとデイジーの特別なグリーティング

 

既存のグリーティング施設の中では、かなり過酷なスタンバイ環境ではないかと感じました(;^_^A現在の大混雑と相まって、ドナルドとデイジーへの「愛」が試されるスタンバイだと思います。

 

もしスタンバイする際は、以下の準備を怠らないようにしましょう。

・時間潰しの道具

・完璧な防寒と雨具

・ドナルドとデイジーへの盲目的な愛

・寛大な心と忍耐力

 

せめて1時間程度の待ち時間になってくれれば並びやすいんですけどね。現状、土日の混雑状況が落ち着くのはもう少し先になりそうです。

暖かくなるにつれてスタンバイ環境も若干改善されると思うので、タイミングを見計らってドナルドとデイジーに会いに行ってくださいね。

 

では、また。