限界エンジニアの冒険録

ディズニー大好きなシステムエンジニアが、謎解きとコーヒーを楽しみながら、TVゲームと健康情報を生活に取り入れつつ、たまに仕事をする。そんなハチャメチャな多趣味ブログです(笑)

ディズニーランドで高級で美味しいスペシャルコーヒーが飲めた店【思い出】

f:id:nandemoya_future:20170629022029j:plain

どうも!

 

実は僕、大のディズニー好きです。とんでもなく好きです。

 

そして、コーヒーも好きです。仕事中もコーヒー、家にいてもコーヒー、出かけていてもコーヒー。1日1杯(または2杯)のコーヒーは、僕にとって生活必需品なんです。

 

つまり、ディズニーを楽しむときも、僕にとってコーヒーは無くてはならない存在です。

 

こんな僕が、今回の記事ではディズニーパーク内で美味しいコーヒーが飲めるお店について紹介します。僕の2大趣味である「コーヒー」×「ディズニー」の共演です。

ぜひ、パーク内で休憩やご飯にする際の参考にしていただければと思います。

【2018年7月更新】

センターストリートコーヒーハウスは、2018年2月にメニューが、2018年4月に営業形態がリニューアルされました。それに伴い、現在スペシャルコーヒーは販売しておりません。幻のコーヒーとなってしまいました(´;ω;`)

そんなコーヒーとディズニー大好きな僕の思い出話を書きますので、読んでいってください。

ディズニーパーク内レストランの基礎知識

ディズニーのパーク内には、様々なレストランやカフェ、売店が存在します。

お店ごとにそれぞれ注文・食事形態が異なっており、以下の5つに分類できます。

①テーブルサービス 

一般的なレストランと同様に、テーブル席に案内されてからキャストに料理を注文する。※一部のお店では予約(プライオリティシーティング)必須なのでご注意ください。

②ブッフェサービス

バイキング形式の食べ放題。好きな料理と飲み物を自ら取りに行く。
※予約(プライオリティシーティング)必須なのでご注意ください。

③バフェテリアサービス

店に入ってからトレーをもって進み、好きな料理をトレーに乗せて、後ほどレジで会計を行う。大企業の社食のような形態。

④カウンターサービス

食券形式で、好きな料理を選んで先にレジで会計後、カウンターで料理を受け取る。

⑤ワゴンサービス

 一般的な売店。パーク内の路上で、飲み物のペットボトルやアイス、ポップコーンを売っている。

⑥ショーレストラン

ショーを見ながら料理が食べれる。メニュー数は少なく、現地で予約したショーの入場券をもらうタイミングでメニューを決め、代金を支払う形式。

 

そして、特筆すべきは、これらのお店の多くにスポンサーが付いており、スポンサーによってメニューが変わっていることです。

 

例えば、ディズニーシーに「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」という豪華客船で味わうコース料理をテーマにしたテーブルサービス型のレストランがあります。

ここのスポンサーは飲料メーカー「キリン」です。
そのため、ドリンクのメニューには、

・キリンオレンジ

・キリンジンジャーエール

・キリンアップルティーソーダ

と「キリン」の名のついたジュースが3種類も用意されています。これは、他のレストランでは見られない独占的ラインナップです。

他の店舗にある「コカ・コーラ」や「カルピス」などの商品は置かれていません。その他のメニューも「コーヒー」や「オレンジジュース」など、一般名での表記になっています。※ただし、外国人観光客向けの海外人気の飲み物で、他社(海外の会社)の製品があります。

 

このように、ディズニーパークのレストランは、スポンサーによってメニューに特徴が現れます。スポンサーの得意分野や主力製品を使うことで、そのレストランの特色を生み出そうとしているのでしょう。

実はこの他にも、スポンサーで見るディズニーレストランの面白い話題はたくさんあるのですが、今回の話から脱線してしまうので、また次の機会にお話ししますね。

 

では、この基礎知識を踏まえ、ディズニーパーク内で美味しいコーヒーが飲める店はどこなのでしょうか?

 

それは、ディズニーランドにあるセンターストリート・コーヒーハウスというレストランです。

 

パーク内で美味しいコーヒーが飲める店
センターストリート・コーヒーハウスとは? 

センターストリート・コーヒーハウスは、ディズニーランドにあるテーブルサービス型のレストランです。1920~30年代のアメリカの喫茶店をテーマにした洋食屋さんで、アールデコという装飾様式で飾られています。

メニューはハンバーグやグリル料理がメインです。料理の肉肉しさとパーク内のテーブルサービスのレストランの中では比較的安価なことから、家族連れや学生達に非常に人気のあるレストランとも言えます。

 

雰囲気も明るく広々としているので、肩ひじ張るようなところはありません。

また、数少ないテーブルサービスの朝食が食べれるお店としても有名です。

 

ただし、朝食以外で利用する際は、あらかじめプライオリティシーティングという来店時間の予約が必要になります。
「休憩したいから」と思い立っても、予約していなければ利用はできませんので注意してください。(朝食だけは並ぶことで入店できます)

2018年7月更新

センターストリートコーヒーハウスは、全ての時間帯でプライオリティシーティングが廃止されました。そのため、予約をしていなくても、お店に並ぶことで気軽に利用することができます。※ただし、それなりに混みます。

 

本題に戻りまして・・・コーヒーについてです。

このお店では、ディズニーランドで唯一「スペシャルコーヒー」と呼ばれる特別なコーヒーが売られていました。※グランドメニュー変更に伴い、スペシャルコーヒーはメニューから廃止されました。残念…。

それもそのはず、このお店はコーヒーのスペシャリスト「UCC上島珈琲」がスポンサーを務めています。パーク内で最もコーヒーに力を入れているレストランと言っても過言ではないでしょう。

 

【スポンサーリンク】
?

センターストリート・コーヒーハウスで
今は幻の「スペシャルコーヒー」を頼んでみた

ということで、スペシャルコーヒー(600円)を頼んでみました。

パーク内の一般的なコーヒーは320円程度、レストランのフリーリフィル(飲み放題)が430円ですから、コーヒー1杯600円はなかなか高めな値段設定ですよね。

 

注文して3分程で豆から挽いた粉の入ったコーヒープレスが運ばれてきました。この段階で既にいい香りが漂ってきます。キャストさんが「特別な豆を使っている」などのざっとした前説(?)をしてくれます。また、コーヒーはこの場でキャストさんが淹れてくれるそうです。

 

プレス内いっぱいにお湯を注いだあと、3分間待ってくださいと言われ、砂時計を渡されました。

f:id:nandemoya_future:20180720233507j:plain

アロマの香りが立ち込める中、3分間じっと待ちます。

ちなみに、コーヒーカップがおしゃれです。欲しい・・・。

f:id:nandemoya_future:20180720233532j:plain

3分経ったので、早速淹れてみましょう。

 

おお!コップに注ぐと、より一層香りが立ち込めますね。

f:id:nandemoya_future:20180720233552j:plain

飲んでみましょう・・・。うん、上手い!!

 

酸味も苦みも程よくバランスが取れ、後から甘みのようなコクが感じられます。鼻を通るアロマが心地良い気分を感じさせてくれます。何より、味が透き通っているのがいいですね。渋みが少なくて飲みやすいです。エスプレッソのような酸味・苦みは強くありません。老若男女多くの方が味わえる美味しいコーヒーだと思います。

 

1杯目を飲み干しても、まだプレスには半分ほどコーヒーが残っており、実質2杯飲むことができる量ですね。2杯目は砂糖とミルクを入れて頂きました。

 

ちなみに、私はコーヒー好きですが、コーヒー専門家(バリスタ)では無く、説得力もないと思ったので、もっとはっきりした違いを確かめてみました。

フリーリフィル(飲み放題)のコーヒーも注文し、飲み比べてみたんです(笑)

 

すると、違いは更に明確に分かりました。やはり飲みやすさが違います。

スペシャルコーヒーの方が、明らかに渋みが少ないです。味が薄いわけではないので飽きも来ません。飲み放題のコーヒーも美味しいんですが、何杯も飲める感覚は今まで無かったのでちょっと驚きました。

 

【スポンサーリンク】
?

まとめ

センターストリートコーヒーハウスでは、UCCの本気「幻のスペシャルコーヒー」が味わえた!

コーヒー好きな私としては、非常に満足な1杯(2杯)でした。メニューから外されてしまい非常に残念です。

ただ、お店のコンセプトとして、料理の味や値段、店内の雰囲気が幅広い層に利用しやすくしている点も良いですね。食事だけでなく、休憩やおやつに最適なお店だと思います。

 

皆さんもセンターストリートコーヒーハウスを利用した際は、幻のコーヒーの歴史に思いを馳せてくださいね! 

では、また!

 

追伸

f:id:nandemoya_future:20180720233610j:plain

「ホットアップルパイのバニラアイスクリーム添え」770円も注文したので、その画像も載せておきます。温かくてフワフワ、リンゴたっぷりなアップルパイと、冷たくて甘いバニラアイスが生み出す温度差のハーモニーが絶品でした。

※こちらもメニューから外され、奥さんが凹んでます。ではまた。