限界エンジニアの冒険録

ディズニー大好きなシステムエンジニアが、謎解きとコーヒーを楽しみながら、TVゲームと健康情報を生活に取り入れつつ、たまに仕事をする。そんなハチャメチャな多趣味ブログです(笑)

夏ディズニーを徹底解説!おすすめの持ち物、服装、回り方で暑さ対策!

f:id:nandemoya_future:20180728214604j:plain

どうも!

 

とうとう夏ディズニーの季節がやってきましたね!

目一杯はしゃげるこの季節、パークの猛暑は重々理解しつつも、皆さんディズニー計画を立てているのではないでしょうか。

 

そんな僕がリアルで相談されること、それは「夏のディズニーって何を準備したら良いの?」「どんな回り方がおすすめなの?」です。皆さんパークの猛暑に相当参っているのですね、分かります(;^_^A 

 

ということで本記事では、ディズニー大好きの僕が「夏ディズニーでおすすめの持ち物・服装・回り方」について徹底解説したいと思います!

多くの方のお悩みが解決しましたら幸いです。

心得るべき夏ディズニーの過ごし方・回り方

持ち物は限りなく少なくすべし!

f:id:nandemoya_future:20180728214653j:plain

夏のパークでの過ごし方の大前提がこれ!

 

「持ち物は限りなく少なくすべし!」です。

 

まぁ通年で言えることですが、夏は特に重要だと思っています。

 

理由は単純です。一般的にパーク内では、屋外を長時間歩くことになります。そんな中で荷物が多いと以下のようなデメリットがあるでしょう。

・荷物が重くて疲れやすくなる

・かさばって動きづらい

・アトラクションなどで荷物をしまうのが煩わしい

 

これに夏の暑さ、イベント要素が加わると、以下のようなデメリットが発生します。

荷物に熱がこもり、ますます暑くなる

・汗でベタベタする(疲れるだけでなく、荷物が汚れる)

・水をかけられると困ることがある(荷物が汚れる、防水対策が大変)

 

このように、夏は通常のパークに加えて「暑さ」「放水イベント」があるため、大荷物でパークに挑むのは得策ではありません!夏ディズニーでは、いつも以上にコンパクトな荷造りが重要なわけです!もしパーク内で必要なものに気付いたときは、現地で調達した方が賢明です。

 

なお、夏ディズニーを効率的に過ごすために必要な持ち物や準備は、本記事下部で厳選してまとめています。ぜひ、そちらを参考にして、荷造りをしてみてください。

 

パーク内では常に飲み物を持ち歩くべし!

パーク内では必ず飲み物を持ち歩くようにしてください!

熱中症予防というだけでなく、飲み物摂取で体温を下げて体力温存にも役立ちます。

 

特に注意が必要なのは、屋外でのアトラクションスタンバイ時です。

Qラインは人混みで人口密度が高くなるため、熱がこもるだけでなく、風通しも悪くなります。そんな環境で数十分待つのは、なかなかに過酷ですよね(笑)アトラクションのスタンバイ時は、必ず何らかの水分を持参するようにしましょう! 

 

個人的には、朝の家を出るタイミングで何かしらの飲み物を持参することをおすすめします。朝のパーク(開園前)もかなり暑いですからね!油断大敵です。

東京ディズニーリゾートではゲストの健康と安全を優先するため、ビン、缶、アルコール以外の飲料であればパーク内に持ち込むことができます(感謝)。ペットボトル飲料や水筒を予め用意して、健康的にディズニーを楽しめる準備をしておきましょう!

 

【スポンサーリンク】
?

長時間スタンバイは午前中と夕方以降!昼はファストパスを捌くべし!

f:id:nandemoya_future:20180728214729j:plain

夏ディズニーは暑さとの闘いでもあります。体力が消耗しやすい環境下において、むやみに長時間スタンバイに並ぶのは禁物です。

 

そこで僕が夏ディズニーを楽しむ際に意識していることが

・長時間スタンバイは比較的涼しい午前中と夕方以降に並ぶ

・猛暑のお昼の時間帯に、ファストパスを使う、ショーを観る、食事をするなどして体力温存を図る

です。上記2つのルールに従って動くことで、ある程度の体力を温存しながら夏ディズニーを過ごすことができるでしょう。まぁ、あくまでも理想論なので、そう上手くはいかないんですが、これを基本ルールとすることでむやみなスタンバイは極力少なくすることができるはずです。

 

ちなみに、このルールを守るために重要なことは「涼しい午前中にどれだけ本気を出せるか」ですね。

朝一番の開園待ちから、開園直後にファストパスを取ってからの人気アトラクションへのスタンバイ(でもパーク内を走っちゃダメですよ!)、10時30分までにもう1枚ファストパスが取れたなら、猛暑の午後はのんびりランチやショー、残ファストパス消化をすることに専念し、夕方以降に体力を温存できます。

活動しやすい気温で、比較的混雑もしておらず、ファストパスが余っている「朝の時間帯」にどれだけ頑張れるかが、夏ディズニーを1日かけて全力で楽しむことに繋がるわけです。

 

涼しい?暑い?アトラクションの特徴を掴むべし!

上で「猛暑の昼間の時間帯に長時間スタンバイはおすすめしません!」と書きましたが、正直、これを完璧に実践するのは難しいです。時間が余ってしまった場合、何らかのアトラクションにスタンバイしなければ勿体ないということもあるかもしれません。

 

そんな時は、以下で紹介する「涼しい」アトラクションを、昼間に優先して消化することをおすすめします。

☆ディズニーランドの涼しいアトラクション

ミッキーのフィルハーマジック:Qライン屋内、混雑少、回転率良

カリブの海賊:Qライン屋内、混雑少、回転率良

スターツアーズ:Qライン屋内、混雑少、回転率良

スプラッシュマウンテン:Qライン半屋内、絶叫冷や汗、びしょ濡れ

 

☆ディズニーシーの涼しいアトラクション

マーメイドラグーン全般:全て屋内

シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ:Qライン屋内、混雑少、回転率良

アクアトピア(びしょ濡れコース):King of the びしょ濡れ!

センターオブジアース:Qライン屋内、絶叫冷や汗

 

上記で挙げたアトラクションは、「Qラインが屋内」にありスタンバイ中も涼しいか、「びしょ濡れ」になって涼しく楽しめるアトラクションです。ぜひタイミングを見計らって利用してみてください。

ちなみに、シーライダーもそこそこ濡れたりするんですけど、Qラインがほぼ屋外で暑すぎるんですよね!そのため、個人的にはファストパスで乗ることをおすすめします(;^_^A

 

また、以下の記事では、休憩しながら楽しめるアトラクションやショーを紹介しています。こちらも参考にして、猛暑の昼間の時間帯を有効活用しましょう!

 

参考記事:ディズニー好きな僕がおすすめするディズニーランドの休憩スポット

参考記事:ディズニー好きな僕がおすすめするディズニーシーの休憩スポット【アトラクション&ショー編】

 

食事は超重要!体調管理のためにも重要視すべし!

f:id:nandemoya_future:20180728214753j:plain

夏と冬の過酷なパークを楽しむために、食事をしっかりと取ることは必須です。

空腹が疲労を加速させるだけでなく、屋内で座って食事をすること自体が休憩になるため、体力温存、回復に繋がります。特に、このような疲労は夕方以降にドッと出てきますので、ランチタイム以前の食事が重要だと経験的に考えています。

 

個人的なおすすめは、早めのランチ(遅めの朝食)として、レストラン開店時に駆け込みブランチすることです。午後に向けてアトラクションが混雑し始めた頃にランチを取ることで、混雑を避けつつ効率良く休憩ができます。

また、朝食は必ず取っておくことをおすすめします。皆さん朝早くから動き出す忙しいディズニーの朝ですが、一日を元気に過ごすためのエネルギー源を取っておきましょう。

参考記事:ディズニーシーで朝ごはんにピッタリのおすすめレストラン5選

 

ちなみに、レストランでゆったり食事がしたいけど、プライオリティシーティングが取れなかった・・・という場合は、ディズニーオフィシャルホテルのレストランを使うのもおすすめです。

参考記事:ディズニーオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」のランチ・デザートビュッフェに大満足した話

こちらも予約が必要であること、パークから少し離れてしまうことなど、デメリットもありますが、パーク内のレストランよりは幾分空いていることが多いです(;^_^A

しかも、一流ホテルが軒を連ねる東京ディズニーリゾートですので、そのホスピタリティも一級品です!ぜひ食事の選択肢に入れてみてください!

 

【スポンサーリンク】
?

夏ディズニーにおすすめの持ち物とは?

「帽子&日焼け止め」日焼けと熱中症予防の日差し対策!

f:id:nandemoya_future:20180728221816j:plain

夏のパークはとにかく日差しが強いです。それに加えて、移動やスタンバイで屋外で過ごす時間も多くなります。そのため、日焼けと熱中症を防ぐための日差し対策が非常に重要です。

 

そんな時に重要なのが、頭を直射日光から守る「帽子」と日焼けのヒリヒリから肌を守る「日焼け止めクリーム」です。一般的なものですが、これだけでも被害をかなり軽減できます。いずれもパーク内でディズニーグッズとして購入できますので、忘れてしまった方は調達するようにしましょう。

なお、日傘でも問題ありませんが、荷物になって持ち運びが辛くならないように注意してください。後述しますが、夕立対策として晴雨兼用の傘があると便利かもしれません。

 

ちなみに、パーク内で購入できる「フード付きタオル」はマジでおすすめです。フードが付いた肩かけのタオルで、頭、肩、首筋、腕を日光から守ってくれるだけでなく、タオル生地なので吸水性も抜群、愛らしいディズニーキャラクターのモチーフでビジュアルもOKという優れものです。

 

「ビニール袋、ジップロック」びしょ濡れ対策もしっかり!

夏イベント期間中は水をかけられることが多いです。イベントショーやアトラクション、ミストシャワーなど、盛り上がりながらパーク内の気温を下げるための工夫が様々な場所に施されています。

 

しかし、皆さんの持ち物の中にはスマホやカメラなど、濡れては困るものも多いと思います。

それらを丸腰で持参し、夏イベショーを観覧席で観ようものなら大変です。全身がびしょ濡れになるほど大量の水をかけられ、故障すること間違いなしです。

 

そこでおすすめの持ち物が「ビニール袋、またはジップロック」です。夏イベントショーを観る際や、夏仕様アトラクションに乗るときに、荷物を一時的に入れて退避させ、びしょ濡れから守りましょう。

 

【スポンサーリンク】
?

「ペットボトル飲料」を常に持ち歩こう!水筒は微妙かも?

f:id:nandemoya_future:20180728215001j:plain

上述した通り、熱中症を防ぐためにも、パークにいる間はペットボトル飲料を必ず持ち歩き、水分補給ができるようにしましょう。

あらかじめペットボトル飲料を自宅から持参すれば、若干の節約になるだけでなく、パーク開園前の待ち時間でも水分補給ができるのでおすすめです。朝から日差しが強いこともありますから注意してくださいね。

 

なお、水筒をパーク内に持っていくのは個人的にはおすすめしません。理由は単純、結構な重量の荷物になるからです。

あ、でも、車移動やベビーカーなど、水筒を身に着けないで移動できるなら問題ないです。常に肩掛けやカバンに入れて持ち歩こうと思っている方は、注意してください。

保冷したい場合は、軽量で気軽に水分補給ができるペットボトルカバーがおすすめですかね。パーク内には給水用の水飲み場もありますので、有効活用しましょう!

 

「折り畳み傘」突然のどしゃ降り!夕立対策

夏の風物詩である突然の夕立は、パーク内でもよく発生します。特に近年は、カラッとした晴天から猛烈な雨(ゲリラ豪雨)が降りますから、念のため「折り畳み傘」のような雨具を持っていくことをおすすめします。

 

「そもそも夏イベント中はびしょ濡れになるんだから、雨具なんていらないんじゃないの?」という考え方も一理ありますけどね(;^_^A

ただ、夕立にさらされると「びしょ濡れ」どころかガッツリ「ずぶ濡れ」になるので、屋内の空調で風邪を引かないように注意が必要です。夕方以降の大雨だと、気温も急激に下がるので乾きにくくなりますしね。

 

なお、ディズニーグッズとしても売られている「レインコート」ですが、一日中大雨の日以外ではおすすめしません。持参すると荷物になりますし、意外と重さもあります。脱着に時間がかかるだけでなく、濡れたレインコートをカバンにしまうのにも時間がかかります。また、着用中は暑くて蒸れるので、脱いだ後の汗で冷えやすくなります。

以上のことから、夏ディズニーの夕立対策としては、レインコートよりも折り畳み傘をおすすめしています。

 

あると嬉しい納涼グッズ「扇子、汗拭きシート」

猛暑の屋外での活動が多くなる夏ディズニー。風通しの悪いスタンバイ時や無風の天候の際、涼しさを自ら作り出せる納涼グッズを持参するのもおすすめです。

 

そんな時のために、一番気軽に持参できる納涼グッズは扇子と汗拭きシートですね。荷物にもなりませんし、ディズニーに限らない、夏のお出かけの必須アイテムとも言えるでしょう。

 

納涼グッズは、意外とウッカリ忘れてしまう人もいる持ち物なので、あらかじめ夏ディズニーの持ち物に入れておきましょう。

 

夏ディズニーのおすすめ持ち物リストまとめ!

ということで、夏ディズニーにおすすめの持ち物をリストアップしますと、以下のようになります!ぜひ皆さんの準備の参考にしてください。

★夏ディズニーにおすすめの持ち物

 日焼け止め、帽子、フード付きタオル(日焼け対策)

 ゴミ袋、ジップロック(びしょ濡れ対策)

 ペットボトル飲料(あらかじめ買っておきましょう)

 折り畳み傘(突然の大雨を考えた夕立対策)

 扇子、汗拭きシート(納涼アイテム)

★その他におすすめな持ち物

 タオル(汗や水を拭けるように!夕立対策にもおすすめ)

 スマホのモバイルバッテリー(夏は電池消費が激しいです)

 塩キャンディー(熱中症予防の塩分補給に!)

 簡易お手拭き(食べ歩き、立ち飲みが増えます)

 軽くはおれる上着(後述。外は暑くても、屋内は寒いです)

 

【スポンサーリンク】
?

最後におすすめの服装を解説

暑さに負けない薄着と、軽くはおれる袖あり薄手の上着がおすすめ!

f:id:nandemoya_future:20180728214837j:plain

最後に、夏ディズニーにおすすめの服装について解説したいと思います。

 

と言っても、夏のレジャーとして一般的な、暑さに負けない、動きやすい服装であれば基本的に問題ありません。デニム生地など極端に乾きにくい服装や、レザー生地などの濡れると傷みやすい服装を避ければ、一般的な夏仕様のファッションで十分だと思います。

 

個人的におすすめしたいのは「軽くはおれる袖あり上着」を持っていくことです。屋内外の温度変化や日焼け対策に非常に便利です。空調の冷気が苦手な方は、ぜひ持参してみてください。

 

サンダルでも良いけど、足元の日焼けに注意!

男女問わず、夏ディズニーを楽しみたいのであればサンダルがおすすめです。歩きやすさを考えるとスニーカーなんですが、びしょ濡れになることを考えるとやっぱりサンダルですね。

ただし、サンダルだと足元が日焼けしやすいので、日焼け止めなどで適宜ケアする必要があります。それでも、完璧に日焼けを防ぐことは難しいんですけどね(経験談)

 

そのため、夏イベントをびしょ濡れ予定で楽しみたい方はサンダル、日焼けが気になる方はスニーカー、と楽しみ方によって靴を分けるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】
?

持ち物、回り方、服装を理解して夏ディズニーを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。

以上が夏ディズニーにおすすめの持ち物、服装、回り方の徹底解説でした!

 

びしょ濡れで楽しめる夏ディズニーですが、それは暑さとの闘いでもあります。体調を崩しやすい季節でもありますので、しっかり準備をすることで快適にパークを楽しみたいですよね!

 

ぜひ本記事を参考にして、暑さをも楽しめる素敵な夏ディズニーを堪能してくださいね!

 

ではまた!