限界エンジニアの冒険録

ディズニー大好きなシステムエンジニアが、謎解きとコーヒーを楽しみながら、TVゲームと健康情報を生活に取り入れつつ、たまに仕事をする。そんなハチャメチャな多趣味ブログです(笑)

夏のディズニーは準備が肝心!おすすめの持ち物、服装を紹介!

f:id:nandemoya_future:20180728221847j:plain

どうも!

 

以前、夏ディズニーを快適に過ごすための回り方、過ごし方について、解説記事を書きました!

www.gengineer.net

今回は夏ディズニーを更に楽しむためのノウハウ記事「夏のディズニーにオススメの持ち物と服装」について解説したいと思います!

夏の暑いパークで快適に過ごすためのアイテムや服装を紹介していますので、ぜひ上記「回り方・過ごし方」の記事を併せて参考にしてみてください!

 

あれば快適!?夏ディズニーにおすすめの持ち物は?

「帽子&日焼け止め」日焼けと熱中症予防の日差し対策!

f:id:nandemoya_future:20180728221816j:plain

夏のパークはとにかく日差しが強いです。それに加えて、移動やスタンバイで屋外で過ごす時間も多くなります。そのため、日焼けと熱中症を防ぐための日差し対策が非常に重要です。

 

そんな時に重要なのが、頭を直射日光から守る「帽子」と日焼けのヒリヒリから肌を守る「日焼け止めクリーム」です。一般的なものですが、これだけでも被害をかなり軽減できます。いずれもパーク内でディズニーグッズとして購入できますので、忘れてしまった方は調達するようにしましょう。

なお、日傘でも問題ありませんが、荷物になって持ち運びが辛くならないように注意してください。後述しますが、夕立対策として晴雨兼用の傘があると便利かもしれません。

 

ちなみに、パーク内で購入できる「フード付きタオル」はマジでおすすめです。フードが付いた肩かけのタオルで、頭、肩、首筋、腕を日光から守ってくれるだけでなく、タオル生地なので吸水性も抜群、愛らしいディズニーキャラクターのモチーフでビジュアルもOKという優れものです。

 

「ビニール袋、ジップロック」びしょ濡れ対策もしっかり!

夏イベント期間中は水をかけられることが多いです。イベントショーやアトラクション、ミストシャワーなど、盛り上がりながらパーク内の気温を下げるための工夫が様々な場所に施されています。

 

しかし、皆さんの持ち物の中にはスマホやカメラなど、濡れては困るものも多いと思います。

それらを丸腰で持参し、夏イベショーを観覧席で観ようものなら大変です。全身がびしょ濡れになるほど大量の水をかけられ、故障すること間違いなしです。

 

そこでおすすめの持ち物が「ビニール袋、またはジップロック」です。夏イベントショーを観る際や、夏仕様アトラクションに乗るときに、荷物を一時的に入れて退避させ、びしょ濡れから守りましょう。

 

【スポンサーリンク】
?

「ペットボトル飲料」を常に持ち歩こう!水筒は微妙かも?

f:id:nandemoya_future:20180728215001j:plain

上述した通り、熱中症を防ぐためにも、パークにいる間はペットボトル飲料を必ず持ち歩き、水分補給ができるようにしましょう。

あらかじめペットボトル飲料を自宅から持参すれば、若干の節約になるだけでなく、パーク開園前の待ち時間でも水分補給ができるのでおすすめです。朝から日差しが強いこともありますから注意してくださいね。

 

なお、水筒をパーク内に持っていくのは個人的にはおすすめしません。理由は単純、結構な重量の荷物になるからです。

あ、でも、車移動やベビーカーなど、水筒を身に着けないで移動できるなら問題ないです。常に肩掛けやカバンに入れて持ち歩こうと思っている方は、注意してください。

保冷したい場合は、軽量で気軽に水分補給ができるペットボトルカバーがおすすめですかね。パーク内には給水用の水飲み場もありますので、有効活用しましょう!

 

「折り畳み傘」突然のどしゃ降り!夕立対策

夏の風物詩である突然の夕立は、パーク内でもよく発生します。特に近年は、カラッとした晴天から猛烈な雨(ゲリラ豪雨)が降りますから、念のため「折り畳み傘」のような雨具を持っていくことをおすすめします。

 

「そもそも夏イベント中はびしょ濡れになるんだから、雨具なんていらないんじゃないの?」という考え方も一理ありますけどね(;^_^A

ただ、夕立にさらされると「びしょ濡れ」どころかガッツリ「ずぶ濡れ」になるので、屋内の空調で風邪を引かないように注意が必要です。夕方以降の大雨だと、気温も急激に下がるので乾きにくくなりますしね。

 

なお、ディズニーグッズとしても売られている「レインコート」ですが、一日中大雨の日以外ではおすすめしません。持参すると荷物になりますし、意外と重さもあります。脱着に時間がかかるだけでなく、濡れたレインコートをカバンにしまうのにも時間がかかります。また、着用中は暑くて蒸れるので、脱いだ後の汗で冷えやすくなります。

以上のことから、夏ディズニーの夕立対策としては、レインコートよりも折り畳み傘をおすすめしています。

 

あると嬉しい納涼グッズ「扇子、汗拭きシート」

猛暑の屋外での活動が多くなる夏ディズニー。風通しの悪いスタンバイ時や無風の天候の際、涼しさを自ら作り出せる納涼グッズを持参するのもおすすめです。

 

そんな時のために、一番気軽に持参できる納涼グッズは扇子と汗拭きシートですね。荷物にもなりませんし、ディズニーに限らない、夏のお出かけの必須アイテムとも言えるでしょう。

 

納涼グッズは、意外とウッカリ忘れてしまう人もいる持ち物なので、あらかじめ夏ディズニーの持ち物に入れておきましょう。

 

夏ディズニーのおすすめ持ち物リストまとめ!

ということで、夏ディズニーにおすすめの持ち物をリストアップしますと、以下のようになります!ぜひ皆さんの準備の参考にしてください。

★夏ディズニーにおすすめの持ち物

 日焼け止め、帽子、フード付きタオル(日焼け対策)

 ゴミ袋、ジップロック(びしょ濡れ対策)

 ペットボトル飲料(あらかじめ買っておきましょう)

 折り畳み傘(突然の大雨を考えた夕立対策)

 扇子、汗拭きシート(納涼アイテム)

★その他におすすめな持ち物

 タオル(汗や水を拭けるように!夕立対策にもおすすめ)

 スマホのモバイルバッテリー(夏は電池消費が激しいです)

 塩キャンディー(熱中症予防の塩分補給に!)

 簡易お手拭き(食べ歩き、立ち飲みが増えます)

 軽くはおれる上着(後述。外は暑くても、屋内は寒いです)

 

【スポンサーリンク】
?

最後におすすめの服装を解説

暑さに負けない薄着と、軽くはおれる袖あり薄手の上着がおすすめ!

f:id:nandemoya_future:20180728214837j:plain

最後に、夏ディズニーにおすすめの服装について解説したいと思います。

 

と言っても、夏のレジャーとして一般的な、暑さに負けない、動きやすい服装であれば基本的に問題ありません。デニム生地など極端に乾きにくい服装や、レザー生地などの濡れると傷みやすい服装を避ければ、一般的な夏仕様のファッションで十分だと思います。

 

個人的におすすめしたいのは「軽くはおれる袖あり上着」を持っていくことです。屋内外の温度変化や日焼け対策に非常に便利です。空調の冷気が苦手な方は、ぜひ持参してみてください。

 

サンダルでも良いけど、足元の日焼けに注意!

男女問わず、夏ディズニーを楽しみたいのであればサンダルがおすすめです。歩きやすさを考えるとスニーカーなんですが、びしょ濡れになることを考えるとやっぱりサンダルですね。

ただし、サンダルだと足元が日焼けしやすいので、日焼け止めなどで適宜ケアする必要があります。それでも、完璧に日焼けを防ぐことは難しいんですけどね(経験談)

 

そのため、夏イベントをびしょ濡れ予定で楽しみたい方はサンダル、日焼けが気になる方はスニーカー、と楽しみ方によって靴を分けるようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】
?

夏のディズニーは準備が肝心!快適に楽しもう!

いかがでしたでしょうか。

以上が夏ディズニーにおすすめの持ち物、服装の徹底解説でした!

 

びしょ濡れで楽しめる夏ディズニーですが、それは暑さとの闘いでもあります。体調を崩しやすい季節でもありますので、しっかり準備をして快適にパークを楽しんでください!

 

ではまた!